スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
そんなヒロシ
いやぁツイッターもやってるんだけどー。

あっちはほぼ実名なので『穴あき』ほど本音は書けなくってー。
スポンサーサイト
連絡
もしもgmailに連絡くれた方がいたらゴメン。gmailは1年以上使ってなかったのよの。

これからチェックすっから。すっからすっから。

七重のひざを八重桜にして多謝!
まだ生きてる
月刊化はやめた。

年刊 穴あき(anarchy)にする。
いちお連絡
諸事情により、来月9月一杯はメールをもらっても返信できません。

それではごきげんよう。
祝月刊化
本ブログの数少ない読者から「たまには更新しろバーロー」と云われまして。

いやあ、本業のブログはこまめに更新してるんスけどねー。ついったーもやってるしー。ここを更新しないのは、単にメンドクサイというかー。いやきっぱりと面倒臭くってー。

ふむ、分かりました。今日から穴あきは「月刊穴あき(anarchy)」として、広告が表示されない程度に更新するぜ!

チヨちゃん待っててね! 日生のおばちゃんは頼りになったなあ。
れんらく
更新はしばらくお休み。普通の女の子に戻ります。
また会おうゼ
キヨシローが死んだらしい。「らしい」と云うのは死んでるところを実際に見てはいないから。泉ちゃんじゃないけれど「オレとしては忌野清志郎が亡くなったコトは受け入れないから!」という心境なのかも知れない。ホントは死んでねーんじゃないか?

普段はマスゴミなど疑ってかかる連中もキヨシロー死亡報道はスッと受け入れちゃうのかね。まァ現実を見ろと云われたらそれまでだしみんながココまで大騒ぎしてるってことはキヨシローは本当に死んだんだろうけど。

土曜の晩に安住が「忌野セイシロウさんがお亡くなりになりました」と云ったときにはドエラク驚いたけれど(セイシロウと“2度も”云ったことに、ではなく)、涙が浮かんですらこないのはハテどうしたことか。物理的に遠過ぎるせいなのかなあ。仲良くないヤツでも近くにいるひとが死ぬと「おー死んだのか」と実感はあるんだけど。

キヨシローはもちろん好きだけど、キヨシロー単品よりも(単品て)RCのキヨシローが好きなのかなあ。タイマーズも好きだしラフィータフィーやスクリーミングレビューも好きだし、バンドマンのキヨシローが好きなのかな。RCがRCになった(変な表現だ)影の立て役者は春日ハチとゴンタだろうと思う、個人的には。

つーことで、アオヤマロックンロールショーも無事に終ったので(泉ちゃんがどこからともなく現れて『バカヤロー!』と祭壇をひっくり返すパフォーマンスをするんではなかろうかと期待していたのだが)気づけば口ずさんでいるキヨシローの歌ベスト5。好きな歌ベスト5では必ずしもない。

第1位 Hand Clapping Rhumba 2000(Tin Pan)
第2位 海辺のワインディング・ロード(HEART ACE)
第3位 自由(FEEL SO BAD)
第4位 ぼくの目は猫の目(Memphis)
第5位 夢中にさせて(MARVY)

キヨシローを最後に観たのは観客のおねいちゃんから「打ち上げはドコのお店でやるの?」と聞かれて「え? あぁ、いやあ」と困った顔をしたステージでだった。

そういえば、やまだ紫も死んだらしいなア‥‥。
キヨシローのばか
キヨシローのばか。
おれも冥福は祈らない。
いろんなことを考えない人が増えているんじゃないかな。で、そのうち気がつかないうちに憲法が改正されて、子どもたちがみんな戦場に行ったりしちゃうよね。そうなってから「しまった」では遅いんですけど、でもそうなっちゃうと思う。だってピープルにさ、パワーがないもん。
(05年5月15日付『毎日新聞』忌野清志郎インタビューから)
大復活!
何が「厭世のコラージュ」だバカヤロー! あんなチャラチャラしたブログなんざ今すぐ潰れてしまうがよい。ざまーみろ!



つーことで「穴あき(anarchy)」を大復活する! でもまた厭世のコラージュに帰るかも、あるいは別のブログを始めるかもだけどね。
コンサートとか
コンドリーザライスが「私の友人の友人が連合赤軍」って云ったらすげぇよな思いつつ髪を切ったらセクシーボイスアンドロボ風に仕上がってしまいました。
元若人あきらの眉毛は芸術品ですね!

アンコールを催促する拍手は、どこまでが本気でどこまでが義理なのか、なんて思いつつ拍手。とくに一度目のアンコール後の拍手は、んーもう一曲演奏してほしいよねという気持ちはありつつ、これで終わりなら早いところ「本日の公演は終了しました」とアナウンスしろよとか思ってみたり。

コンサートとか壁ギリギリまで座席を並べてある会場だったので、壁際の席にいた私は、火災だの異臭騒ぎだのが起きたらすんなり避難できないなア、なんてことを演奏中にぼんやり考えておりましたすみません。
「アルハンブラの想い出」が始まったときには思わず「金曜日、七円の唄」とつぶやいてしまいましたすみません。だってラジオっ子ですから!

会場でCD買ったらサインがもらるよ。サインほしいでしょ、ほしかったらCD買いなさい! ってのは、レコード会社のあざとさを感じるので早々に退却。つーかコンサートの後って興奮しているから早く一杯やりたいよね。
やたらに咳き込んでいたおじさんおばさん、ソロリサイタルには龍角散のど飴が必需品ナリ。おうちに帰るまでが遠足です。
ニュース兄さん公認
abi.abiさんの記事で知りましたが、後藤謙次News23になるのだとか。
うーむ、猿田佐世News23にしてほしい! と密かに願ってお百度まで踏んだ私の無念はどこにぶつけたらいいの? お星さまのバカ。
いえ別にメガネ萌え~ではありませんけどね。

でもあれか、猿田さんがメインだと膳場ちゃんが怒って降板しちゃうかも知れないからダメか。あたしを差し置いて猿田ってどーいうことよ! みたいな。
膳場ちゃんのひざ小僧はこれからも見たいしね!

【追記】
番組タイトルは従来通りとのこと。
ネッカチーフとスカーフの違いが分かりません
フランスの公立校内でイスラム教徒の女子生徒にスカーフ着用を禁じる問題はどうなったのだろう。
「イスラム教のバービー人形」、インドネシアで販売



有楽町のキティちゃんのは真知子のマネ。
gotochikitty.com/goods/chiikigentei/item/kanto/11.html#yurakucho
バラ便ガム
バラ便ガム1バラの香りのするンコをひねり出せるというガムを買ってみた。1個9枚入りで150円ナリ。高い。
10代20代の頃は「ホンコンの売れないアイドルみたいだよね」と云われていた私ならば、アイドルである以上はたとえ売れていなくともンコをしないものです。

近況4
予想最高気温30度の炎天下に帽子も水もなしで半日も立っていたら日射病になろうことはアルツハイマーのひとでも分かるというもの。死ぬかと思ったよ。そんな私に花代を恵んでください。

近況4写真は、“夢は逃げていかない”けど“髪は逃げていく”元ヤンキー先生(今では「忠実な犬」ですから、あくまでも「元」です)のチラシ。往生際の悪いやつって嫌いサ。
全国で投函してるのかな。ひとん家のポストへ勝手に入れるなよこのバカチンが。

それにしても『金曜日』ってやつあ3週間分も溜まると読むのが面倒臭くなる雑誌だなあ。(661号の大藤理子ちゃんのコラムはとっても面白かった。)
さらば猫足
宅のクルマはおフランス製ざーますの。

フランスのホットハッチが好きで、シラクが核実験したときは石をぶつけられやしまいかとビクビクしつつもその辺りを乗り継いで来たんでござあーすが、車検ついでに具合の悪いところを全部直しちゃえーって見積もってもらったらあーた、何だかんだで80万円ですってよ奥さま。ぎゃふん!

ドアノブがバキっと折れたことも、セルが回らず蹴り飛ばしたあの夜も、エアコンなし(故障)で過ごした夏の想い出も、パワーウィンドウがパワーでなくなった日のことも、その他その他あんなことやこんなことも、今はそっと胸の中に。

この際は乗り換えた方が安いっつーことで乗り換えたんですけど、ドイツ車に乗ろうとはよもや夢にも思わなんだ。
「宅のクルマはおドイツ製ざーますの。ごめんあさァせ。」これじゃあ締まらないんだよなァ。

追伸
震度5の刹那を走行していたらしいのですが、おドイツの高級車(一応)だったせいか私がウスラトンカチだったせいか、ゆれに気づきませんでした。
でも自動車税の支払いを忘れていたことには気づきました。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。