スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
シリーズ「美しい国」
シリーズ「美しい国」シリーズ「美しい国」(5)

私としたことが新キャンペーン開始にあたりソレ用の画像を忘れていた失態。
って誰も期待していないからひっそりとup。華麗なる箸さばきで名を知られる吉岡美穂がイザムのようにアレな男とナニした祝いも込めて。ちきしょー!

堀北真希も箸がきちんと持てるようなので、好感。日本の伝統や文化を大切にしようと云いつつ箸づかいがまったくなっていない安倍晋三のごときエセ愛国者よりもずーっと正しい日本人である。
スポンサーサイト
美しい教育再生
イジメっ子を出席停止にしても、問題は解決しない。
いかにも正論である。しかし現状は「待った無し」が続く。

次々に届く遺書。政治家たる第一条件は神経の図太さだが、さすがの文科大臣閣下も頭を抱えているに違いない。オレのときに限ってどうして。
愚痴っても始まらない。なんとか手を打たねば。

苦肉の策が、イジメっ子の出席停止である。大臣みずからの提案ではない。ナントカ再生会議とか云う智者の集まりが勝手に決めたのだ。責任は担当補佐官にあるから、大臣の御名に傷はつくまい。
ヨシこれで行こう。目的はイジメの根絶である。さァ通達を出せ。

かくして、イジメは無くなった。イジメられっ子は自殺、イジメっ子も傍観者も出席停止、故意に見過ごした教師は懲戒処分。
道徳心の無いイジメっ子も、ひ弱なイジメられっ子も、そしてイジメを見過ごす教師も、「美しい国」に相応(ふさわ)しくないのだ。
そして学校には誰もいなくなる。
一心同体
一心同体シリーズ「美しい国」(4)

「創価に…」のフレーズは『金曜日』630号11頁から借用

核の傘
核の傘シリーズ「美しい国」(3)

純潔非常事態
山谷えり子の憤死が目に浮かぶ。憲法や教育基本法の「改悪」を目論む反動保守が云う「現実路線」からすれば、学校にコンドームの自動販売機を設置するくらいが“現実的”だったりするのだが。
携帯メール多用する若者ほど性体験早いlivedoor ニュース
純潔非常事態 携帯メールの利用頻度が高い若者ほど性体験が早い傾向があることが、日本性教育協会の「青少年の性行動調査」で分かった。また青少年の性体験率は、男子がほぼ横ばいなのに対し女子は上昇し、中・高校生はいずれも女子が男子を上回った。
(註:私が当該記事を知ったのは22日『毎日新聞』紙面だが、MSN毎日インタラクティブでは記事が見つからないので『毎日』から紹介しているlivedoor ニュースを引用。写真は22日『毎日』紙面から。)
この調査結果を受けて「ガキからケータイを取り上げろ!」とは云わないのだろうなあ。安倍内閣電波担当の世耕弘成がNTT出身だし。子どもを狙った犯罪云々の問題があるからむづかしいし。警察は頼りにならないからGPSケータイを子どもに持たせるみたいなことが“常識”だし。ケータイを持っていればいくらでもいかがわしいサイトにアクセスできちゃったりするのだけれども。
ネット自体を年齢制限してもよいのではないかと思う。「出会い系サイト」はダメで「メル友募集サイト」はよいというのがよく分からなかったりするのだが。って話しがズレてきた。

「メールはコミュニケーションの強化、拡大につながりやすいため、性行動も活発になっているのだろう。逆にパソコンのネット閲覧は、行動に結びつかないことが多いようだ」というのは分かるような気がする。パソコン派は掲示板やブログを徘徊して「エアセックス」に走っちゃう者が多いからではないだろうか。
エアディープ(音量注意!)
キョーボー
原曲:UFO/歌:ピンク・レディー

キョーボー…(デレレデッデッデ デレレデッデッデ…)
手を合わせて みつめるだけで
共謀している 逮捕もできる
街宣右翼に甘く サウンドデモには強く
わたしの心 取り締まるあなた

もの云わずに 思っただけで
すぐポリスに 職質される
飲み屋で冗談云ったり 眠らず集会したり
次から次へ 取り締まるあなた

信じられない ことばかりあるの
もしかしたら もしかしたら 盗聴かしら

それでもいいわ 近頃すこし
自由な社会に 飽きたところよ Ah…

でもわたしは あきらめないわ
もっと自由な 社会にしたい
反戦運動したり ビラを配ってもみたり
それでもやっぱり しょっぴくあなた

ああ突然 赤色灯の
ああパトカー わたしを囲み
夢見る気持ちにさせて どこかへさらって行くわ
やっぱり密告 したのねあなた

信じられない ことでしょうけれど
テロじゃないの テロじゃないの 単なるデモよ

それでもいいわ 近頃すこし
自由な社会に 飽きたところよ Ah…

キョーボーー☆ー

共謀罪(キョウボウザイ)ってなんだ?
「共謀罪TV」アーカイブス
共謀罪ブログ(暫定版)

[ 文科省推薦替え歌シリーズ ]
とりあえずガスパーチョ(ガスパーチョさん)
以下は本ブログ
キョーボー罪ですね(完全版)
鉛色の祝電
黒豹なのよ
まんが日本ひどいはなし
学会なくして自民なし
仲井真弘多:34万7303票(自民・公明推薦)
糸数 慶子:30万9985票(社民・社大・共産・民主・自由連合・国民新党・新党日本推薦、そうぞう支持)
その差3万7318票。

一般に「学会票」は1選挙区(小選挙区。沖縄県は4区ある)で2~3万あると云われる。沖縄県の有権者数は104万7678人(男50万9995人・女53万7683人。11月1日現在)。

沖縄県に創価学会員がどれほどいるのか知らないが、マスコミの事前調査では公明党支持者の約90%は仲井真弘多に投票する(した)とのこと。もう少し投票率が上がっていればとの思いはあるが、結果は結果である。
今さらながら“創価学会なくして自民党なし”を痛感した選挙であった。

安倍首相:創価学会の池田氏と会談 総裁選後に極秘で(毎日)
政教分離(本ブログ)

ところで、又吉イエスと羽柴秀吉はどうして立候補しなかったろう。
で、HPを見てみたら、羽柴秀吉は「大阪に元気と勇気を/羽柴秀吉が大阪へ/輝く大阪新時代」とありました(参照)。大阪でひと暴れするみたい。
又吉イエスはイジメ問題について「いじめや暴力に対して裁く者がいる。唯一神又吉イエスである。そういう者達は唯一神又吉イエスが地獄の火の中に投げ込むものである」(引用元)と熱く語っております。
エアってる
学校や教師や生徒や家庭や地域が乱れているのは戦後の悪しき教育基本法のせいなんです!
ですから我々は教育基本法を改「正」しなければならんと思っておるわけです!

なんか、エアセックスみたいだなと思う。
政教分離
政教分離シリーズ「美しい国」(2)

・フレーズは『金曜日』630号11頁から借用
安倍首相:創価学会の池田氏と会談 総裁選後に極秘で

教育は死ぬ
本ブログで「10年後、中国政府は民主主義に敗北し、日本政府は全体主義に勝利する。なんて悪い冗談が冗談で終わりそうもない今日この頃である。」と書いたのは今年の4月11日だった。
新聞を読んでもテレビニュースを観ても危機感が湧いてこないのは、私の感性が鈍くなったのか。はたまたマスコミに緊張感がないのか。

教育基本法改定案が自民公明与党によって単独強行採決されたけれども、率直な感想は「この国に民主主義は馴染まないのではないか」ということ。
へなちょこ宰相安倍晋三らが「創る」と云っているこの国のかたちは、どこから眺めても彼らが侮蔑している「北の国」に酷似する。鈴木邦男は「左右を超えて、自主自立の国・北朝鮮への憧れがあるのかもしれない」(OhmyNews)と書いているが、云い得て妙。(タイマーズが『あこがれの北朝鮮』なんて歌ってたなァ。)

徒然気儘な綴方帳」(McRashさん)で知った『北海道新聞』の記事(魚拓捕っちゃった)を読めば「この国に希望は残っている」と感慨深いものがあるけれど、与党による教育基本法改定案のキモはここにある。すなわち“自ら思考思索し行動する国民が増えてもらっては困る”ということなのだ。

余談だが、民主党の代表が自民公明与党と全面対決を打ち出している小沢一郎でつくづく良かったと思う。前原誠司が未だ民主党代表の座にあったなら、今よりグロテスクな様相となっていただろう。こんな感じに
創りあげたい
創りあげたいシリーズ「美しい国」(1)

ゆうちゃん
ゆうちゃん。
と云ってもハンカチ王子ではない。石原裕次郎でもない。
呼び名は「ゆうちゃん」=悠仁さまがお宮参り
 秋篠宮さまは報道陣から「今何とお呼びですか」と聞かれると、「悠仁の悠(ひさ)の字をそのまま読んで悠(ゆう)ちゃんと呼んでいます」と答えられた。
ヒサヒトなんだから「チャー坊」と呼ぶのが順当ではないだろうか。
つーか「そのまま読んで悠(ゆう)ちゃん」と呼ぶなら、最初からユウヒトと名付ければよかったのに。どうでもいいけど。
男色文化
わが国の同性愛(男色)の開祖は弘法大師らしい。「土曜丑の日」を発明した平賀源内もそうだったという。戦国武将も美少年を傍らに置いていた。
なんだ、同性愛は「日本の伝統と文化」じゃん。そういうこと。「蔭間茶屋」というフーゾクもあったのだ。「日本の伝統や文化の尊重」をことさら強調する輩はこの点がお気に召さないようだけれども、事実なんだから仕方がなかろう。

本来の日本とはあれやこれやに寛容なお国柄だったのだと思う。一神教の国に較べたらずーっと。それが明治維新とやらで天皇教がババーンと登場してから様子が変わった。お地蔵さんを沓脱にしたってんだからケシカラン。
同性カップルの権利認める法案、可決 メキシコ市CNN.co.jp
中米メキシコの首都メキシコ市議会は9日、同性カップルの権利を認める法案を可決した。アレハンドロ・エンシーナス市長の署名をもって、成立する見込み。キリスト教カトリック系の保守的な信者が人口の9割を占める同国で、同性愛カップルの権利が認められたのは、初めて。
同性愛でだれが迷惑するわけじゃなし、日本も認めたらよいと思う。
子ども? 少子化? 「もらいっ子」でいいんじゃないのか。子を捨てる者だっているんだし。
やらせ質問
「民」を偽装した教育関係者の大量動員が判明した(保坂展人のどこどこ日記)
『やらせ質問』の舞台裏(東京新聞)
「やらせ質問」全経過(赤旗)

やらせ質問。ひと昔前の株主総会を連想してしまいました。
総会屋を最前列にバーっと並べて「異議なーし!」「異議なーし!」みたいな。

現行の教育基本法はあまりにも素晴らしいので、もう一度掲載。
教育基本法
 われらは、さきに、日本国憲法を確定し、民主的で文化的な国家を建設して、世界の平和と人類の福祉に貢献しようとする決意を示した。この理想の実現は、根本において教育の力にまつべきものである。
 われらは、個人の尊厳を重んじ、真理と平和を希求する人間の育成を期するとともに、普遍的にしてしかも個性ゆたかな文化の創造をめざす教育を普及徹底しなければならない。
 ここに、日本国憲法の精神に則り、教育の目的を明示して、新しい日本の教育の基本を確立するため、この法律を制定する。

第一条(教育の目的) 教育は、人格の完成をめざし、平和的な国家及び社会の形成者として、真理と正義を愛し、個人の価値をたつとび、勤労と責任を重んじ、自主的精神に充ちた心身ともに健康な国民の育成を期して行われなければならない。

第二条(教育の方針) 教育の目的は、あらゆる機会に、あらゆる場所において実現されなければならない。この目的を達成するためには、学問の自由を尊重し、実際生活に即し、自発的精神を養い、自他の敬愛と協力によつて、文化の創造と発展に貢献するように努めなければならない。

第三条(教育の機会均等) すべて国民は、ひとしく、その能力に応ずる教育を受ける機会を与えられなければならないものであつて、人種、信条、性別、社会的身分、経済的地位又は門地によつて、教育上差別されない。
2.国及び地方公共団体は、能力があるにもかかわらず、経済的理由によつて修学困難な者に対して、奨学の方法を講じなければならない。

第四条(義務教育) 国民は、その保護する子女に、九年の普通教育を受けさせる義務を負う。
2.国又は地方公共団体の設置する学校における義務教育については、授業料は、これを徴収しない。

第五条(男女共学) 男女は、互に敬重し、協力し合わなければならないものであつて、教育上男女の共学は、認められなければならない。

第六条(学校教育) 法律に定める学校は、公の性質をもつものであつて、国又は地方公共団体の外、法律に定める法人のみが、これを設置することができる。
2.法律に定める学校の教員は、全体の奉仕者であつて、自己の使命を自覚し、その職責の遂行に努めなければならない。このためには、教員の身分は、尊重され、その待遇の適正が、期せられなければならない。

第七条(社会教育) 家庭教育及び勤労の場所その他社会において行われる教育は、国及び地方公共団体によつて奨励されなければならない。
2.国及び地方公共団体は、図書館、博物館、公民館等の施設の設置、学校の施設の利用その他適当な方法によつて教育の目的の実現に努めなければならない。

第八条(政治教育) 良識ある公民たるに必要な政治的教養は、教育上これを尊重しなければならない。
2.法律に定める学校は、特定の政党を支持し、又はこれに反対するための政治教育その他政治的活動をしてはならない。

第九条(宗教教育) 宗教に関する寛容の態度及び宗教の社会生活における地位は、教育上これを尊重しなければならない。
2.国及び地方公共団体が設置する学校は、特定の宗教のための宗教教育その他宗教的活動をしてはならない。

第十条(教育行政) 教育は、不当な支配に服することなく、国民全体に対し直接に責任を負つて行われるべきものである。
2.教育行政は、この自覚のもとに、教育の目的を遂行するに必要な諸条件の整備確立を目標として行われなければならない。

第十一条(補則) この法律に掲げる諸条項を実施するために必要がある場合には、適当な法令が制定されなければならない。

附則
 この法律は、公布の日から、これを施行する。
現行法と改定案の比較がよくまとめられているリンク
http://seijotcp.hp.infoseek.co.jp/edu.html
http://d.hatena.ne.jp/seijotcp/20060415/p1
http://d.hatena.ne.jp/seijotcp/20060411
イジメについてあれこれ(もういっちょ)
同級生をイジメてなにが悪い、という子はイジメてやったらよい。
ひとを殺してなにが悪い、というやつは殺してやればよい。
抗議の自殺は「焼身自殺」にとどめを刺す。火だるまになって憎いあいつを追い掛け回してやろう。がんばろう。
‥‥てなこと云ったら人非人あつかいされるので云いません。

極論すれば、学校は無くなってもよい。教育基本法を改定したり教員免許に更新制を導入することが教育「改革」だなどと云っているようならば、である。受験対策なら学習塾でこと足りる。
学校は地域社会の核である、と思う。と思うからこそ学校は社会に解放されねばならぬ。学校とは教師と生徒しかいない(あと事務員さん?)非常に閉鎖的な社会である。学校は核家族化しているのである(なんか山谷えり子みたい)。

およそ社会というものは老若男女入り乱れくんずほぐれつしてこそ社会としての体を成す。地域のオトナが好きなときに授業参観できるようにしたらどうか。教室は余っているのだから校内に老人ホーム(デイサービス)を設置したらどうか。障害児童を“隔離”せずに普通の学校(言葉悪くて失礼)に通わせたらどうか、同じ組はむづかしいとしても。
親と教師と同級生しか「ひと」を知らないのでは、子どもの社会は広がらない。云い換えれば、コアなエロビデオと美少女フィギュアでしかオンナを知らないようなものである。ちょっと違うか。
元死刑囚宅間某のような者が学校に侵入したらどうするって? 地域社会に徹底的に開かれた学校へはむしろ侵入しにくいのではないか。目が届かないからこそ侵入されるのである(泥棒もそうですね)。

公園デビュー(死語?)は社会を閉ざそうとする実にクダラナイ儀式だが、子どものイジメそして自殺は、オトナ社会を忠実に映しているに過ぎない。要するにイジメ問題とはオトナ社会の問題なのであり、オトナ社会のいびつさがそまま表れているだけなのである。アメリカの核実験をスルーして朝鮮の核実験にだけは猛烈に反対しているようなものである。またもやちょっと違うか。
いっそのこと、自殺に追い込んだイジメっ子は「死刑」にしちゃったらどうなのかしらね。イジメっ子とイジメっ子の親と、それからイジメを見てみぬフリをしていた教師は市中引き回しの上磔(はりつけ)獄門にするとかね。みんな死刑が大好きなんだし。

いじめと教育(反骨心ブログ)
イジメについてあれこれ
義家弘介という教育バカは「生きて闘え」(8日『毎日新聞』)と宣う。
「生きて、自分を苦しめるものと闘わなければならない。そして、大人も本気でともに闘う姿勢を示さなければ、いじめは解決しない」(同)のだと。
この“ご高説”を乱暴に解釈すれば、イジメられても闘わないやつあ死ね。

闘う気力がないからこそ自殺を選択するのではないのだろうか。傷つき、ぼろぼろになってもまだ闘えってんだから、驚きの精神論です。ヨッ教師のかがみ。さすがヤンキー先生。ご立派。
私なら「生きるために逃げろ」と云ってやりますけどね。ベイベー逃げるんだ!ってね。学校になんか行くより家で百科事典を書き写していた方がずーっと勉強になる。

ー☆ー

8日『毎日新聞』に掲載されていたサンデー毎日の広告にあった見出し。
保護者必読! いじめ自殺は防げる
「私はこうしてわが子を守り抜いた」体験集
▼嫌がっても事実を聞き出せ ▼情報収集は同級生の女の子から ▼学校との交渉は文書に残す…
要するに「自己責任でどうにかしろ」と云うこと。教育行政をアテにするな、学校や教師を信頼するな、である。ナルホドネ。

みんな大好き犯人探し。
今のような教育をつくってきた真犯人は「お国」。突き詰めてゆけば、文部科学省の責任であり政治家の責任である。政治家と役人は12日に向けてロープとナイフを用意しておいたらよろしい。

ー☆ー

イジメが理由で「自殺予告手紙」を伊吹文明文科相に送った少年(少女?)は「自殺予告手紙」がマスコミに報道されたことによって目的は果たしている。もはや死ぬ理由は無くなった。

その一方、オトナがオロオロオタオタしたことによって手紙の送り主はイジメられなくなるだろうが、手紙の送り主に代わる者(イジメられっ子)は、また“つくられる”。社会とはそんなものである。「イジメをやめよう」と云っている職員室でも陰湿なイジメがあるのだから。

まァ放っておいても学校のイジメは無くなりますよ。大丈夫。
だって日本人はまもなくレッドデータブック入りするんだから。子どもは天然記念物。

ー☆ー

あいつオレをイジメそうだな、よしイジメられる前にイジメてやろう。これすなわち「先制攻撃」。ブッシュさんも認めた立派な権利です。

キモくなくても「キモい」と云われたら、それでおしまい。云った者勝ちである。だったら先にイジメちゃった方がイイじゃん。そして「キモい」のあとにひと言付け加えたらよいのだ。「お前キモいよ。いや、いい意味で」。

ー☆ー

つーか、イジメは民族性の問題なのかも知れぬ。(平凡な意味で)日本人として日本に産まれた限りは、イジメは“単なる”通過儀礼。そこでへこたれるようでは生きる資格などない。「君は君、俺は俺。それがどーした」ってな自律など持ち合わせていない民族なのだ。

嗚呼、美しい国。
トルコ的なもの
日本も近々トルコみたいになりそうデスね。
EU報告書:「言論の自由制限」とトルコを強く非難
トルコはEUと加盟交渉中だが、同国が問題を早急に解決しない場合、EUが12月の首脳会議で加盟交渉を一時中断する可能性も出てきそうだ。
 報告書は73ページ。トルコ刑法は「国家や軍隊」「トルコ的なもの」への侮辱罪を、最高で3年の懲役刑と規定しているが、報告書は、同規定を「言論の自由を制限し、国民に自己検閲の姿勢を生み出した」と強く批判している。
(3日『毎日新聞』朝刊。一部抜粋)
日本的なもの。
そう、安倍晋三は食事の行儀が悪く、箸がきちんと持てない。おまけに日本語がヘタッピ。
安倍は「日本的なもの」を侮辱したとしてタイホ。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。