スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
歌え! 信濃の国(命令調)
北信越ベースボールチャレンジリーグ」にほとんど興味はないものの、28日の開幕戦「信濃グランセローズ」対「石川ミリオンスターズ」戦はテレビ中継を偶然に観た。そして、ひっくりコケた。

野球の応援にブラスバンドはつきもの。アニメ主題歌や懐メロ(死語)をテンポよく演奏し、「かっ飛ばせェー ヤ・マ・ダ!」などと声援を挟む。
「信濃」対「石川」戦。「信濃」攻撃時に演奏されたのはなんと「信濃の国」。どんだけ「信濃の国」好きなんだよ! とツッコミを入れてしまったが、考えてみたら当たり前。「信濃グランセローズ」の応援なのだからして、「信濃の国」を演奏するのはむしろ自然である(高校野球でもたしか演奏していたような気がする)。
ちょっとアップテンポにすれば応援曲として充分に成り立つし、そして何と云っても、聞くほどに歌うほどに陰気になる「君が代」と違い、「信濃の国」は元気の出る曲調で歌詞は非常に愛国的である。
「信濃」には他県出身選手は多いが、応援する側、つまり信州人にとって「信濃の国」が演奏されれば嫌でも力が入る。少なくとも私は大いに力が入った。「うむ、信濃グランセローズを応援しよう」という気になった。

「信濃の国」が全県下にあまねく広まり歌われるようになった背景は「教育」以外の何ものでもない。学校が中心となって子どもに県民根性を注入するのである。要するに思想教育である。思想信条をきっぱりと無視した憲法違反なのである。
しかしそれも変わりつつある。小耳にはさんだところでは、「信濃の国」を歌えない子どもが増えているのだそうな。四方を山に囲まれかつては「陸の孤島」とまで云われた信州も、交通の便の発達にしたがい“よそ者”が流入してきたことが原因らしい。県民根性を注入するはずの教師が“よそ者”なのである。これでは駄目だ。

そこで我が信州は小学校から大学に至るまで式典はもちろん毎朝かならず「信濃の国」を斉唱させるよう教育改革をせねばならない。「信濃の国」斉唱時に着席している教師や斉唱・演奏を拒否する教師は厳しく処分する必要がある。指3本入るくらいでなければ処分である。黒木香のことではない。しっかり口を開けて歌わねばいけないということである。
そもそも信州に住う者が「信濃の国」を歌えない、または“歌わない”などとは大いにケシカランのである。

そんな信州に住みたいですか? 住みたくない? 弱ったね。
それにしても「信濃の国を英語で歌おう」ってのは、信州人恐るべし(でも「善光寺」のあとの「ゼン♪コージ」のコーラスがないのは寂しい)。

県歌・信濃の国
信濃の国
長野県民なら全員歌える「信濃の国」で踊るDVD
スポンサーサイト
安倍ちゃん訪米雑感
安倍晋三が従軍慰安婦問題に対して「鉄の意志」で云い訳(謝罪ではない)に臨んだ訪米。でもブッシュとはたった40分しか「謁見」できなかったらしい。

ということで、夕食会──カモ料理、かにのゆずソース、水菜煮、大根サラダ。昼食会──米国狂牛肉使用のチーズバーガーでおもてなしを受けた模様。
えっ? それだけですか? という印象。

米は小泉のときにはステーキを饗したけれども、お腹のユルイ安倍ちゃんが24オンス=約680グラムの骨付きステーキを食べるなんてムリなのだからして(小泉も12オンスだったらしいけど)、米は食事に関しては安倍ちゃんに最大限気を使ったのだろう(鴨だって油が凄いけど)。「お出迎え」もしてくれたのだし。

それにしても何が目的なのか、はたまた誰の演出なのか知らないけれど、「世界で最も美しくない50人」の上位に順位されるブッシュと安倍が「シンゾウ」「ジョージ」とざーとらしく呼び合っている姿は薄気味悪かった。バカップルが路上でちうしているのを見てしまったような、腰のあたりがゾワゾワした感じであった。
モブてすと
20070427103832


ケータイ変えたからも一度モブのテストしてみる。

※画像が横向きになっていたので、縦に変えた(4月28日)
またも中山妄想モード突入
女房のお陰で大臣に成れ、女房が女子大生を装った(たぶんね)励ましメールに涙した政界の猫ひろし(顔が)こと中山成彬は、安倍晋三が繰り出した見事なまでの「へなちょこっぷり」に我慢ならなかったのだろう。

権力者が無能であること自体に問題はない。祭り上げられ、そこに納まっておりさえすれば、周りが勝手に働いてくれる。ではナニが問題か。それは無能な権力者が意志を持つことである。
更に問題なのは、意志を持った無能な権力者が「へなちょこ」である場合。こうなれば救いようはない。国家の危機である。中山は国家の危機に敢然と立ち上がったのだ。

中山は米下院が従軍慰安婦問題で日本政府への謝罪要求決議案を採択しようとしている動きを強く非難し、更に「慰安婦はほとんどが日本人で、カラダもふところもウハウハだったんだぜェ」とまで宣った。
中山はその勢いで、安倍訪米直後に予定していた「日本の前途と歴史教育を考える議員の会」の訪米を中止せず、ホワイトハウス前でデモンストレーションのひとつもかましてきたらよろしい。大和魂を見せつけるのだ。

だってセンセイは「日本人同士では相手を慮ってはっきり言わないことが多いが、国際社会では黙っていると認めたことになる。いわれなき非難に対しては毅然として反論すべきである」(中山HP)とおっしゃっているではありませんか。
侵略・戦争という最大の人権侵害を建国以来一貫して行っている米に云われっぱなしでは情けないじゃありませんか。

でも、所詮は内弁慶の中山センセ。国内だけで珍説を唱えるのが精一杯。
そりゃあ「三ヶ日原人という言葉は当時存在しなかったから三ヶ日原人はいなかったのだ」なんて妄想モード突入で米へ乗り込んだら、エヴァンゲリオンは発進するわ常任理事国入りは叶わないわで、ドえらい騒ぎになっちまいますもの。
臆病な為政者ほど国民を管理したがる
【虞犯少年(ぐ犯少年)】虞犯少年(ぐ犯少年)とは、保護者の正当な監督に服しない性癖がある者、正当の理由がなく家庭に寄りつかない者、犯罪性のある人または不道徳な人と交際する者、いかがわしい場所に出入りする者、自己または他人の徳性を害する行為をする性癖がある者であり、かつ、その性格または環境に照らして、将来、罪を犯し、または刑罰法令に触れる行為をするおそれのある少年のことである。(少年法第3条第1項第3号、少年警察活動規則第2条第4号/wiki

果たして、将来に罪を犯す恐れのある虞犯少年の疑いがない少年などいるものか。思春期を迎える少年少女が親の監督に服するなどというものはむしろ不健全であり気持ちが悪いとすら思う。
与党の強行裁決により衆院法務委員会を通過した改定少年法案では(1)14歳未満でも法に触れる行為をした少年について警察に押収・捜索など強制調査権限を与える(2)おおむね12歳以上の少年を家裁の判断で少年院に送致できる、とした。与党による改定少年法案は共謀罪に匹敵する国民管理法であり、さらには社会総出の育児放棄といえよう。
そもそも少年犯罪が増加しているのかという問題もある。
少年犯罪は急増しているか
世界一少年に厳しいデータ(詳細)

金正日はケシカラン、サダム・フセインはケシカランと云う一方でこの国を警察国家にしようとする政治屋ども。金と権力がすべてである政治屋どもが己の無策無能を覆うために国民をひとり残らず監視管理しようとする愚挙はもはや末期症状の麻薬中毒者にも似た被害妄想にかられているとしか思えぬ。ナニをそんなに恐れているのか。

「児童の権利に関する条約」全文
今、少年法を「改正」する必要はあるのか
子どもの視点から少年法を考える情報センター
 └少年法「改正」法案の問題点
「共謀罪」反対訴えて衆院議員会館で市民、識者が集会
下関は大丈夫か
伊藤一長・前長崎市長が暴力団幹部によって射殺された事件は、おそらく多くの者が当初に感じた政治的犯行ではなく個人的怨恨によるところと報道されている。伝えられていることが事実とすれば、要するに「おれは気に食わない」といった短絡的かつ幼児的な犯行であり決して許されるものではない。

さて、この卑劣な事件にもっとも驚いたのは安倍晋三だろう。伊藤・前長崎市長の場合と違い、己のへなちょこを誤魔化すためだけにありとあらゆる怪しげな個人・団体と関係を蜜にする安倍は、大丈夫だろうか。

NHK番組改編問題渦中に起きた、安倍晋三代議士事務所投石事件
地元、山口県下関市の安倍事務所に現在も残っていた銃弾痕!?
共同通信が安倍晋三事務所のスキャンダルをもみ消した
おしえて!HOME'Sくん ポスト小泉(ANo.5)
安倍晋三の動向と正体を探るダークサイト

4年間の冷や飯は堪えられない?~銃撃は確信犯的暴挙
テロ糾弾のコメント出さなかった 安倍首相の超鈍感
大量破壊兵器はなかったんだと断定できる方がおかしい
小泉純一郎は云っていた。
なぜイラクのフセイン大統領は、ないことを証明しなかったのか

かつて日本には「パンパン」がいて、「特殊慰安施設協会」もあった。占領軍の“お相手”をコチラから提供していたのだ。それと一緒でしょ。
従軍慰安婦に対する安倍晋三の認識の根底にはそんな発想があるのかも知れない。
安倍首相「韓国ではもともとキーセンハウスが盛ん」

井の中の蛙大海を知らず されど天の高さを知る
米から「ジャップのくせに調子に乗るなよ。ギロリ」とされたとたんにエネルギー充填120%へなちょこ可能領域に到達する安倍の人気が上昇したという不思議。

日米首脳電話協議 火種が消えたかは不透明
安倍首相の二枚舌 「従軍慰安婦」問題、ワシントンポスト紙社説
「従軍慰安婦」問題で社説、米紙ニューヨークタイムズ 「安倍首相よ、あがいても無駄ですよ」
「安倍首相は民主国家の指導者として恥ずかしい」
慰安婦問題の第一人者である吉見教授、安倍首相の発言に苦言
「強制なしに誰が慰安婦になるというのだ」―元皇軍兵士父の遺言(1) 安倍発言を怒る
「防衛庁の慰安婦関連資料を発掘した学者は立派。政府はなぜ無視するのか」━元皇軍兵士父の遺言 (2)
父の15年戦争(15)哀れだった慰安婦 ソ連兵に貞操を提供せよ

慰安婦関係調査結果発表に関する河野内閣官房長官談話
村山総理大臣談話
自民 ≒ 民主
だから民主党は! と云いたくなってしまう。やはり民主党は自民党の亜流に過ぎないのだろう。

民主党幹事長の鳩山由紀夫は14日TBSのテレビ番組で「『自衛隊は他国から見れば戦力なのに、持っていないと憲法に書いてあることは明らかに矛盾で、きちんと書くべきだ』と、憲法9条改正の持論を展開した」(15日『毎日新聞』朝刊)という。

現憲法を徹底的に遵守した上で「軍隊を持つために改憲しよう」ならば議論の道筋としては真っ当だが、鳩山や改定派らの「(憲法に)きちんと書くべきだ」と云う論は逆立ちしているどころか憲法の蔑(ないがし)ろも甚だしい。先にあるのは自衛隊ではなく憲法である。
憲法は古いなどと云われるが、時代遅れなのは憲法ではなく改定派らの戦前回帰的思考だ。

ー☆ー

自民党と根っこを同じにする民主党が今夏の参院選で惨敗すれば、民主党の分裂によって政界再編があるかも知れない。そうなれば、この国は益々米国ブッシュの下請けとなるだろう。ひと昔前のアッシー君メッシー君である。
そうさせないためには民主党を応援するしかないのだが‥‥。

また、次の米大統領が民主党から出る公算が大きいことを考えれば、日本は民主党政権にしておいた方がなにかとスムーズな気もする。とすれば、やっぱり民主党を応援するしかないのだろうか‥‥。
気が乗らないなあ。

【メモ】
『我、自衛隊を愛す 故に、憲法9条を守る』を読んで
投票率が上がれば
安倍晋三の顔色が良い。
首相就任前には「へなちょこ侍(田中真紀子)」と揶揄され、日替わりする発言や二枚舌=ダブルスタンダードにより内閣支持率の止まらない低下で、一時期は顔から生気がうかがえず文字どおり短命になるのではないかとすら感じた。それが「鈍感力」によって開き直り、一体いくつあるんだ? と思う最重要法案を次々に衆院を通過させる。
経済も外交もオンチである空虚なプリンスごときに総理大臣が勤まる日本は、考えようによっては大変に幸せな国である。

さて、安倍が強気となっている理由のひとつは「参院選で自民党が負けても安倍晋三首相が責任を取る必要はない(小泉純一郎)」という安心感、もうひとつは何と云っても05年の「郵政選挙」による自民党の圧勝だろう。それが、数にモノを云わせてやりたい放題の安倍政権を支えている。
しかしその圧倒的な自民党議席(衆院296議席)は、1選挙区で2~3万あると云われる「創価学会票」のお陰によるものであり、学会票がなければ勝てなかった小選挙区が少なくなかったのだ。

自民党はもはや公明党=創価学会というモルヒネに頼らなければ与党でいられないことは明白である。しかし学会票あるいは公明党支持票は頭打ちがはっきりしているのだから、自民の獲得議席は投票率によってかなり左右されるだろう。
05年9月11日の第44回総選挙の投票率は67.51%(小選挙区)。上記したように、獲得議席数だけをみると圧勝にみえる自民党も学会票によって辛勝した小選挙区が少なくなかったのだから、投票率が70%となれば自民党は基礎票に加えて学会票を上乗せしても勝てない選挙区は多い。

今夏には参院選が控えている。
かつて土井たか子が「山は動いた」と云った89年7月23日第15回参院選の投票率は“たったの65%”(社会党=46議席に対し自民党=36議席に止まった)。もちろん当時の公明党は野党であり89年と現在とでは勢力図が変わっている。しかしながら投票率が上がれば上がるほど組織票は弱くなるのだから、自公選挙協力が無敵であるはずはない。

心配はふたつある。ひとつはスキャンダル。自民のスキャンダルにもうひと押しというところで民主からも同種のスキャンダルが吹き出てくる始末。
もうひとつは自公連立政権との明確な対立軸を打ち出せるかどうか。「与党でありつづけるためなら民主党案丸のみ」というウルトラCを繰り出す自民党に苦もなく取り込まれてしまう危うさが民主党にはある。
「民主党じゃ駄目じゃん」とシラ気が広がれば、投票率は当然下がるだろう。
猿田氏解説動画
憲法改定案を国民投票へかける前に、「え~憲法を変えようと思ってるんでやんスが、国民のみなさま、いかがでござぁましょ。エヘヘ」と、憲法改定賛成か反対かそのものの国民投票をまずやってくれ。
つーか憲法変えなくていいから。第1章丸ごと削除なら改憲もやぶさかではないけれど。

で、その名と裏腹に以外と(失礼)美人な猿田佐世弁護士が国民投票法の問題点を解説しております。



メガネ姿はアキバ系取込みの戦略なのだろうか。萌え~。

けんぽうあんぎゃ
憲法だけは先進的なのに
「わーいわーい。大和が出来た! 世界最強の軍艦が出来たのよぉ!」
つー間に、世界は「空母」の時代になっていたと。
軍隊にしろ燃料にしろ環境にしろ、日本は欧米先進国から一歩も二歩も常に遅れているような感じがある。これも極東の小島国ゆえんの哀しさか。時代はフレッツ光だっつーのに、この辺の情報伝達は未だに悪いのかしらん。
それはさて置き。

世界に類をみないほど超先進的な日本国憲法は誰のためにあるのか。それは、等しく国民のためである。国民は「ちゃんと約束守ってるかナ?」と権力者を厳しく監視せねばならぬ。
「自衛隊はだれが見たって軍隊です」と云ってのける小泉純一郎は地獄の火の中に放り込むものである! 私は有権者諸君をケイベツしているのである!! 私には建設的な提案などナニひとつないのである!!!

憲法改定に積極的な右派議員の云い分は「だってだって軍隊がほしいんだもん。メリケン様も『おまーら金だけ出してねえで少しは血ィ流せやゴルァ』って云ってるだもん」だけ。それと、少女を監禁して自分の意のままにさせようとする男の恋愛観と同質でしかない愛国心の強制。
ヒモで縛って手錠をかけて「おれ様のチムポをくわえろ」ったってそりゃあ無理。いくら変態よい子な私だって、縛って吊るされて「あたくしのヴァギナをお舐めなさい! おーほほほほ」というおねいちゃんはご免蒙りたい。だったらラブドールの方がマシ。

国民投票法案を巡っての攻防がいよいよというところに来ている。自民党案も民主党案も目くそ鼻くそといったところだが、憲法改定その前に、立法府の憲法侵害を厳しく審査する「憲法裁判所」の設置プリーズ。最高裁はいっつも憲法判断を避けているのでアテにならぬ。
「権利ばかり主張して義務をおろそかにしている国民が多い」などと宣う議員がいるけれども、憲法はおれたちのものと思い込んでいる政治屋が多くて困ります。

十五 最高法規
 このおはなしのいちばんはじめに申しましたように、「最高法規」とは、国で、いちばん高い位にある規則で、つまり憲法のことです。この最高法規としての憲法には、国の仕事のやりかたをきめた規則と、国民の基本的人権をきめた規則と、二つあることもおはなししました。この中で、国民の基本的人権は、これまでかるく考えられていましたので、憲法第九十七条は、おごそかなことばで、この基本的人権は、人間がながいあいだ力をつくしてえたものであり、これまでいろいろのことにであってきたえあげられたものであるから、これからもけっして侵すことのできない永久の権利であると記しております。
 憲法は、国の最高法規ですから、この憲法できめられてあることにあわないものは、法律でも、命令でも、なんでも、いっさい規則としての力がありません。これも憲法がはっきりきめています。
 このように大事な憲法は、天皇陛下もこれをお守りになりますし、国務大臣も、国会の議員も、裁判官も、みなこれを守ってゆく義務があるのです。また、日本の国が、ほかの国ととりきめた約束(これを「条約」といいます)も、国と国とが交際してゆくについてできた規則(これを「国際法規」といいます)も、日本の国は、まごころから守ってゆくということを、憲法できめました。
 みなさん、あたらしい憲法は、日本国民がつくった、日本国民の憲法です。これからさき、この憲法を守って、日本に国がさかえるようにしてゆこうではありませんか。

※『あたらしい憲法のはなし』(1947年 文部省発行)から
※太字は水瓶座=管理人による
酒量がまた増える
小野田さーーん!
なんでもいいから思いきり叫びたい今日この頃。こういうとき近くに浜辺があれば夕日に向かって叫ぶんだけどな。レッツビギン! こんにちは、村野武範です。

多忙が終わって真っ白な灰になりかけてるっつーのに、ストーカーみたいな、つーか本当にストーカーな客がしつこくて、鬱陶しくて、リンダ困っちゃう。
さっぱりしたひとがね、好きなんですよ。友達でも彼女でも。ホテルを出たら、ふたりは他人、みたいな。ホテル‥‥ニュー越谷、みたいな。
なのに寄って来るのはねっとりしたヤツばっか。チャゲ&飛鳥の飛鳥の歌い方みたなネチョリンコ系ばっか。お前はネチョリンコ星人か! ってな感じで。弱りますですよ、本当に。

ということで、8年間でナニをしたかっつーと、実子(四男坊)のニート対策しかしてないんじゃねーの? つー威勢の良さと裕次郎の兄であることだけが売りの石原慎太郎が3選を果たしたそうで。良識ある都民のみなさん、おめでとう。
霊友会と創価学会に支えられた石原を落選させるには「寝た子を起こす」以外になかったのだけれど、45%の都民は寝ていたようで。まァうちの方も投票率は低かったので大きなことは云えませんが、政治なんて70%の投票率があればアッと云う間に変わるのになァと思うんですけど。外山が出て来るまでもなく。
投票率をいかにして上げるか。これが反日勢力の最大の仕事ですね。人ごとみたいでスミマセン。

今日のつぶやき終わり。
福祉 老老介護
昨夏、家族のひとりを自宅で全介護した。介護の真似事のような、あるいはおママゴトのようなものだったろう。
それでも降って湧いたような介護は、私の精神力を消耗させるには充分だった。ひどくイライラし、見るもの聞くものすべてに腹が立った。「どうしてオレがこんなことを」と被介護者を恨み、「いっそ死んでくれたらいいのに」とさえ思った。被介護者と私の関係は“うまくない”から、余計にそう思った。

被介護者が高熱を出す。入院させてくれるよう病院へ相談した。それは、私が介護から開放されたかったから。しかし医者は入院をさせてくれない。ベッドの空きは充分あるにもかかわらず。理由は、同居する家族がいるから。
医者は病人を診てもその家族は診ないのだな、ということを知る。しごくもっともである。病院は介護疲れの家族のためにあるのではないし、病院には病院の都合というものがあるのだろう。
救いだったのは期限付きの介護であったこと。未来永劫いつ終わるとも分からない家族介護、別けても老老介護は並み大抵の苦労ではないと思う。

老老介護の悲劇(読売)
介護悲劇なぜ続く(同)
孤立しがち 男性がケアする場合(同)
心中事件の後で(同)
薄氷の老老介護 結末は殺害 ~母も倒れ 長男に負担(京都)
地域・行政の目 届かず ~そこまで追い詰められていたとは…(同)
老老介護、夫婦に負担増 サービス利用は最小限に(中国)

わずか数千円のデイサービスをすら躊躇する家庭もある。その行く末は家族共倒れが相場。一方では「ナントカ還元水」を1年にン百万円も飲む政治屋がいるというのに。税金を払うのが益々馬鹿馬鹿しくなる。
政府の愚策を下支えする大本は、くだらぬ政治屋どもを国会へ送り込む国民=選挙民である。そう考えれば、自公政権の福祉政策はこの国の民度に釣り合っているのだろう。そして、安倍晋三のごとき無能が服を着て歩く政治家もどきが総理とは。
「姥捨て山」の殿様は、最後には目を覚ましたが。
だれに投票しても一緒
投票を棄権する者はよく「だれに投票しても一緒」と云います。だれ(どの候補)に投票しても日本の政治は変わらないのだと。しかしこれはまったくの逆であり、本当は「だれにも投票しないから一緒」なのです。公明党をごらんなさい。投票率はどれだけ下がろうとも公認候補の得票率はむしろ上がっています。そのからくりは云うまでもないでしょう。

本当に「だれに投票しても一緒」だと考えているのであれば、共産党や社民党に投票するのもよいでしょう。どうせ“だれに投票しても一緒”なのですから。
しかし、そんな勇気はないと。おまけに共産党アレルギーがあると。旧社会党にはトンちゃんで裏切られたと。

共産党や社民党が与党になったところで今さら社会共産主義になるわけじゃありませんから、一度くらい多数与党にしてもいいかもよ。“だれに投票しても一緒を実証する意味でも”。(日本は共産党政権を経験していませんが、にもかかわらず「共産党じゃ駄目だ」と分かった風なことをしたり顔で云うひとがいますね。「共産党政権ではエラい目にあった。共産党政権はもう懲り懲りだ」というなら分かるんですけど。)

よく云われることだと思いますが、選挙で“より良い候補”を選べることなど少ないのが当たり前で、“よりマシな候補”を選ぶのが普通です。もしも自分の選挙区に外山恒一と又吉イエスしか候補者がいなくても、です。棄権するくらいならせめて白票を投じた方がまだ意思表示になる。
選挙権は満20歳になるのと同時に自動的に付与されますが、“貰いもの”であるにせよもっと使ってもよいのじゃないでしょうか。投票は義務ではなく「権利」なのですから。

※本記事は2005年07月01日公開の記事に一部加筆修正したものです。
http://www.doblog.com/weblog/myblog/25672/1551844#1551844
モブログの練習
20070402142850
タバコと缶コーヒーとカーラジオがお友達。多忙です。

多忙なんですが、某所某スーパーにてロンピーと38円の缶コーヒーを購入、レジ袋を提げた出口で「本日発行で~っす」と求人誌を手渡されました。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。