スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
字幕屋は銀幕の片隅で日本語が変だと叫ぶ
秋ですね!
秋と云えば読書の秋。アッキーと云えば安倍昭恵。
今日の予想最高気温は30度。真夏日です。バカヤロー!

字幕屋は銀幕の片隅で日本語が変だと叫ぶ太田直子をきっぱりと知ったのは『ヒトラー ─最後の12日間─』だった。そのパンフレットに寄せられた文章が痛快だったのだ。
「ニュースになるような過ちを犯した者たちを、待ってましたとばかりにバッシングする『善良な庶民』のふりも、ほどほどにしておいたほうがよかろう。匿名の手紙やメールを送りつけて個人的な憂さを晴らす暇があるなら、黙って読書に耽るべきである。」

字幕屋とはまず日本語の達人でなければならぬ。それは通訳も同じだろうと思う。母国語たる日本語が不自由では話しにならないのだ。私たちは日本語で考え日本語で暮らしているのだから。
足りない日本語を補うのは読書しかないんだよなァ。

いつぞや本書が出版された頃にNHKラジオ第一に出たようだけれども、その放送をうっかり聞き逃したのが今でも悔やまれる。

[ 字幕屋は銀幕の片隅で日本語が変だと叫ぶ ]
太田直子/光文社新書

字幕屋通信 「酔眼亭夜話」
スポンサーサイト
新型
福田康夫総理誕生記念 Mac OS X 10.6 発表
‥‥こんなのしか思いつかん。

ヘイコメクソコメは右から左へ受け流す方針。
蟹工船・党生活者/族譜・李朝残影
小学生の頃から通信簿の“おうちの方へ”欄に「○○くんは落ち着きが足りないようです」と書かれつづけていた私メ。読書も同じ本を読み通すことが出来ません。なので2~3冊を並行して読むことになるわけですが。
ちなみに美代子ちゃんと真由美ちゃんと同時におつき合いすることになるのが普通ですハイ。でも本命は美代子ちゃんだけですから。そこんとこヨロシク。

ー☆ー

蟹工船・党生活者/族譜・李朝残影小林多喜二『蟹工船・党生活者』(新潮文庫)
『蟹工船』がこんなに面白いとは知らなんだ(『党生活者』は未読)。蟹工船をそのままトヨタに当てはめられそう。トヨタじゃなければ郵便局とか。郵便局員なんてじゃんじゃん自殺してるしね!
つーか日本て明治から今日に至るまで一貫して発展途上国なのかしらんと思ってしまうよ終いには。道徳的未熟児であり人間のクズである安倍ちゃんのへなちょこ辞任劇なんて一体どこの政情不安定な内戦国だよと。その陰で大企業(のトップ)だけは肥えてゆくと。


梶山季之『族譜・李朝残影』(岩波現代文庫)
『性欲のある風景』は佳作。『族譜』『李朝残影』は確認作業て感じですかね、ああやっぱりねと。もちろんフィクションなわけですが。
梶山季之を「流行作家」と評価するのは見直した方がよいと思う。wikiの「日韓併合による創氏改名に迫った『李朝残影』など資質の高い作品も残している。」の『李朝残影』は『族譜』の誤りと思う。
31歳フリーター(うそ)。希望は、報復。
まだ記憶にあたらしい「志布志事件」のような珍しくもない例が明らかになったなか検察・警察からの一方的な情報を垂れ流したに過ぎぬ大マスコミの報道を一片の疑いすら抱かぬ情報メタボ(しかも添加物だらけの!)な私刑執行人が急増する現代は時間との闘いです田宮二郎。『動脈列島』を早くDVD化してほしいよね!
そして今にもちんぽをニギニギしてきそうな増山不二子も好きだけどカラリとした二階堂不二子もいいよなァとTBぶっ飛ばそうとしたらセコムで戸締まり中でしたけれども総務省の研究会がNHKの受信料徴収に住民基本台帳を使ったら? と云ってる件についてはいずれまた。研究会って何の研究してんだよ。

「国家による報復殺人の代理」としての死刑制度は下層社会に暮らす“観客”の鬱憤を晴らすためだけに存置されているのであって「極悪人は死刑」で満足するのはその観客だけであり被害者・遺族が救済されることは決してない。極悪人が死んだところで事件が無かったことにはならぬ。ヒトラーが死んだからといって裕仁が死んだからといって被害者が救われたのか。ほんの一時気が収まっただけだろう。
だから政府は被告と被害者(遺族)を直接対決させようと「被害者参加制度」を施行する。「無罪推定」「疑わしきは被告の利益に」という刑事裁判の鉄則を無視して! そりゃそうです。警察が妄想たっぷりに作文した自白調書が最重要の証拠ですから。

「覚悟のうえで起こした事件やから、謝罪はしない。だけど罰は受ける」と云った宅間守。裁判長あてに「更生する自信がない」「死刑にして欲しい」などと書いた手紙を2度も送った小林薫。彼らの前では法も市民も敗北するしかない。ぼくはきみの家族を皆殺しにします、だけど死刑を受けるからいいでしょ? うふふ。
高村薫は「個別の裁判所がその時々の世間の声に左右され、判断がまちまちになっては、裁判への信頼が失われ、法治国家ではなくなってしまう」「被害者が幼い女の子だから死刑、年寄りだから死刑回避となれば、人の命に差があることになってしまう」(06年9月27日『毎日』)と云う。同感。

己の正義を他人へ押しつけるブッシュのような阿呆もとい善良なる市民が急増するなかでまもなく始まる「裁判員制度」。満員電車でちんぽを押しつけて来るオヤジのごとき迷惑千万な正義漢によって8番陪審員は非国民の譏(そし)りを免れないだろう。ああ恐ろしい。
いっそ報復制度をつくったらよろしい。仇討(あだうち)である。これは分かりやすい。死刑死刑と無責任に騒ぐ莫迦な観客も大満足である。お兄ちゃんどいてそいつ殺せない。
ただし「返り討ち」にはくれぐれもご注意を。

著名人メッセージ・河野義行さん
月刊あれこれ2003年7月号掲載記事(河野義行)
被害者参加制度:被害者と加害者、対話を 「考える会」きょう設立
上祐前代表、河野さんに謝罪 松本サリン事件
ドナドナ
シリーズ「美しい国」 (21)

ー☆ー

ドナドナある晴れた昼下がり 病院へつづく道
公用車がゴトゴト 総理をのせてゆく
KY総理 入院するよ
どんぐり眼(まなこ)で 見ているよ

ドナ ドナ ドナ ドーナ 総理をのせて
ドナ ドナ ドナ ドーナ 公用車がゆれる

ー☆ー

ドナドナ - Wikipedia
http://www.worldfolksong.com/songbook/masterpiece/donna.htm
http://howard1.hp.infoseek.co.jp/donadona.htm
「病院の入り方もコソコソ」安倍首相が検査
「クーデター」に失敗 福田の後塵を拝した麻生

公明党という蝿は、自民党という糞にいつまでたかりつづけるのだろう。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。