スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
質問聞いてなかったの
【登場人物】
副大臣(河井克行君)‥‥法務副大臣 自民党 衆議院議員(広島三区)
前川清成君‥‥‥‥‥‥‥民主党 参議院議員(奈良県選出)
会長(田名部匡省君)‥‥民主党 参議院議員(青森県選出)
副大臣(岸宏一君)‥‥‥厚生労働副大臣 自民党 衆議院議員(山形県選出)


【あらすじ】
県立西高校1年生の河井克行は、新任コーチ・田名部匡省から厳しいシゴキを受けながらも、名門テニス部でレギュラーを目指していた。そんなある日、河井の前には、超高校級の実力者で西校の生徒会副会長も務める前川清成がライバルとして立ちはだかる。実力のともなわない河井に対して部員たちの目は冷たいが、田名部の指導はますます厳しくなってゆく。ライバルからのいじめや様々な苦難を乗り越えて、河井が日本代表になれる日は来るのだろうか‥‥。
つづきを読む≫
スポンサーサイト
1日80万ガロン
80万ガロンと云われてもピンと来ない。いったい何リットルなんですかと。
私は算数が苦手なので計算が間違っているかもだけど見逃してくだせェませお代官さま。

【1】
1ガロンは3.7854118リットル。これを今どきの円周率のようにすれば1ガロン=4リットルとなるが、それでは乱暴なので1ガロン=3.785リットルとして計算してみよう。すると、80万ガロン=302万8000リットルとなる。
私の愛車(宅の車はおドイツ製ざーますの。ごめんあさーせ)は70リットル入るから、302万8000リットルならば4万3257回も満タン給油できることになる。
これを燃費に置き替えてみよう。

【2】
市街地走行を中心に1リットルあたり9キロメートル走行できる(燃費わりー)と計算すると、満タン70リットルで630キロメートルの走行。それを4万3257回繰り返すと2725万1910キロメートル走行できることになる。
何か計算が変な感じもするけど、気にせずつづける。

【3】
2725万1910キロメートルとはどのくらいなのだろうか。
地球一周は約4万キロメートルというから、2725万1910キロメートルの走行ができるならば、2725万1910kmを4万kmで割ると約681、つまり私の車で、しかも市街地走行の燃費でも地球を681周できることになる。

【4】
さらに80万ガロン=302万8000リットルを現在のガソリン価格で考えてみよう。
私の車は無鉛ハイオクガソリン指定。いつも利用しているところのハイオク価格の1リットルあたり154円で計算すると、154円×302万8000L=4億6631万2000円である。
宝くじで前後賞合わせて1等を当ててもまだ足らない。

【5】
もうひとつ計算してみる。
私はだいたい月に2000キロメートルくらい走行する。年間では2万4000キロメートルである。そこで、【2】で計算した2725万1910キロメートルを2万4000キロメートルで割ると約1135、つまり私の日常生活で2725万1910キロメートルを走行するには1135年もかかることとなる。

日本政府は「テロとの戦い」においてこれまで、私の自家用車で地球681周分の、現在の市場価格にして4億6631万2000円分の無償給油を行ってきたということである。しかもこれは“1回の給油で”である。すげーな。もちろん米艦船へ給油しているのが町で販売されている無鉛ハイオクガソリンなわけはないからこの金額には無理があるけれども。
いやそれでも、どこにそれだけの金と油があるんですかということだ。温泉とネトウヨしか湧いて来ないこの国で、しかも地方を含んだ日本全体の借金が1100兆円もあるこの国で。

純利益1兆円突破を記念して開催されたトヨタ自動車主催の「富士スカトロ8時間耐久レース=通称:富士スカ耐」が大成功で終わったことに気を良くしたからでもないだろうが、トヨタ相談役の奥田碩は自民党の財政改革研究会で「将来の負担を考えると消費税引き上げしかない」と発言したという(7日)。
消費税率を上げる前に、ドン・キホーテにも似た「テロとの戦い」を即刻止めるべきだろう。

日本の宗主国米ではどうやらガソリンが1リットル90円らしいことを13日『毎日新聞』の「日本のスイッチ」で知った。なるほど考えてみたら米は産油国である。生産量は減少しているとはいえ非石油輸出国機構の中ではロシアに次ぐ第2位なのだからそのくらいのガソリン価格もうなづけるというもの。
で、1リットル150円超の日本だけれども1リットル90円の米へこれからもガシガシ無償給油をしつづけたいのだ、という「新テロ対策特別措置法案」が衆院を通過したという。
マイ箸ブラ考
トリンプ:環境にやさしい「マイ箸ブラ」 思わぬ“副産物”も - 毎日jp

ブラジャー界のお笑い担当トリンプが「マイ箸ブラ」を発表したという。
まず目を引くのはイメージガール石田裕子がなかなかどうして箸を正しく握っていることである。もう少し上(太い方)を持った方がよいとは思うが、「美しい国」と大騒ぎしながら箸は持てぬわ犬食いするわという安倍晋三とはドエラい違いである。
いや、道徳的未熟児であり人間のクズである安倍と較べたのでは石田に失礼というものだろう。

さてマイ箸ブラ。
ご飯茶碗が向かって左、味噌汁椀が向かって右に置かれている。これをどう解釈したものか。
彼氏や旦那に「おいしいご飯を召し上がれ、うふ」ということなのだろうか。プレゼントはあ・た・し! みたいな。しかし、ブラジャーに膳立てた飯、味噌汁を自ら食すのであれば、これは明らかにおかしい。旅館などで浴衣を死人のように着付けたひとに出くわすことがあるが、それと同じ凡ミスなのだろうか。
(とある旅館で“死んでいる”女性を見かけた私は、こっそりとやさしく「死んでいますよ」とご注進申し上げたものの、変態を見るような目で睨まれたのは云うまでもない。)

つづけよう。
私は石田よりも中山エリサが好きだが、マイ箸ブラには箸がご飯茶碗と味噌汁椀の脇にそれぞれ一膳づつ装着されている。
これがまたよく分からないところで、右利き左利きに関係なく箸をすばやく手に取ることができるよう配慮したからなのか。はたまた、ひとつのクリームソーダを2本のストローで飲む、みたいなことを目指したのだろうか。石田が箸先をご飯茶碗へ向けているこちらの写真からは「はいマーくん、あーんして」といったやり取りを想像させるが、だからといってご飯茶碗が向かって左、味噌汁椀が向かって右に置かれる理由にはならないだろう。

まとめ。
トリンプのプレスリリースをのぞく。両脇に箸二膳の理由は、おっぱいの横領横流しを防ぐことが目的であるとのこと。また、最後の最後、ページ下部に「箸置きは取り外して使用できます」との見出しをつけられた写真を見ると、なんとなく納得するような。
この記事で書き散らしたすべてが無駄であった。青春を返せ!


※以前、いのぐっちゃんに「少子化対策ブラ&パンツ」を着用さたように、今回は箸の持てない安倍昭恵に「マイ箸ブラ」を着用させようと思ったものの、めんどー臭いからやめた。
鳩山邦夫の死刑制度を問う
鳩山邦夫は先に発言した死刑執行の「自動化」「乱数表」について《「確定判決から執行まで平均7年以上かかる」という現状がある。刑事訴訟法は半年以内に大臣が命令することを求めているが、かけ離れてしまっている》(11日『毎日新聞』闘論「死刑制度を問う」)ことにより、時の大臣によって執行命令書への署名にバラつきが出ることが《結果として(死刑制度の)法的安定性を欠》(同)いていると述べる。これには元法相の佐藤恵が《自分の判断で死刑を執行するのが嫌だという気持ちがあって、出てきた言葉だと思う》(同)と指摘しているが、まったくその通りだろう。

法務大臣の職務に忠実であろうとするならば、そして死刑を滞りなく執行するならば、まずすべきは法務大臣の責任を明確にすることではないのか。時の大臣によって執行までの期間にバラつきの出ることが問題と云うならば、大臣は責任から逃避するのではなく「半年以内に執行命令書へ署名しない法務大臣は死刑!」と法律を変えたらよろしい。さらには法務大臣自らが執行したらよいのだ。現役閣僚の中からくじ引きで選んでもよいだろう。死刑を今か今かと待ち望んでいる多くの世論も反対はしまい。

鳩山は《法相として一人も殺されることのない社会を願うが、殺人がとにかく減らない。死刑が持つ予防効果を考えると、現時点では廃止や執行停止はなじまない》(同)とも述べる。一方では犯罪が減らない、年々凶悪化している、と政治家やマスコミは盛んに喧伝しているのだが‥‥。
現在の日本において「国家による報復殺人の代理」としての死刑制度は善良なる市民の溜飲を下げるためだけに存置されているのであり、犯罪予防のためではない。そもそも「死刑が持つ予防効果」とはなにか。

死刑制度が持つ犯罪予防効果の具体例を私は知らないのだが、少なくとも、本ブログでたびたび引用する宅間守「覚悟のうえで起こした事件やから、謝罪はしない。だけど罰は受ける」や、小林薫「更生する自信がない/死刑にして欲しい」との告白には、司法も社会も敗北するしかないだろう。凶悪犯罪が増加傾向にあるのならば死刑制度には犯罪の予防効果がまったく期待できないと云える。
死刑制度を犯罪予防とするためには、死刑囚を市中引き回しの上、磔(はりつけ)獄門、そして市民によって──できるだけ残忍な方法で死刑執行されねばならないが、これを容認する民主法治国家はふつう存在しない。
死刑執行を予定されているのが貴方の母/父/兄弟/姉妹/息子/娘/妻/夫であり、しかも貴方は彼らが無罪であることを知っているがそのことを証明できないとしたら、貴方はどう感じるのでしょうか。そして、その死刑執行がなされた後に無罪の証拠を入手したとしたら何を思うでしょうか。
la_causetteから孫引き)
マフィアの十戒
日本の政治屋はマフィアに劣る、と云ったらマフィアに失礼だろうか。
浮気は駄目、酒場も禁止 マフィア10カ条見つかる
 イタリアのシチリア島で逮捕されたマフィアの大ボス、サルバトーレ・ロピッコロ容疑者(65)の隠れ家から、組織の構成員が守るべき10カ条のおきてを記した紙が見つかった。いわく「友人の妻に興味を持つな」「酒場に行くな」「うそをつくな」。8日付イタリア各紙が伝えた。
 同容疑者が発案し、組織に徹底を図ったとみられるが、マフィアの厳しいおきては口承の形で伝えられ文書化されないのが常識。あえて個条書きにした背景には、おきてを守らない最近の組織の緩みがあると捜査当局はみている。
 興味深いのは、このほか「妻を敬え」「浮気した者は組織に入れない」の条項。「極道の妻」の重要さをうかがわせ、浮気相手から情報が漏れることにも神経を使う。(中日スポーツ)
The Mafia's "Ten Commandments"
1. No-one can present himself directly to another of our friends. There must be a third person to do it.
2. Never look at the wives of friends.
3. Never be seen with cops.
4. Don't go to pubs and clubs.
5. Always being available for Cosa Nostra is a duty - even if your wife's about to give birth.
6. Appointments must absolutely be respected.
7. Wives must be treated with respect.
8. When asked for any information, the answer must be the truth.
9. Money cannot be appropriated if it belongs to others or to other families.
10. People who can't be part of Cosa Nostra: anyone who has a close relative in the police, anyone with a two-timing relative in the family, anyone who behaves badly and doesn't hold to moral values.

BBC NEWS | Europe | Mafia's 'Ten Commandments' found
ああっメリケンさまっ
そもそもが日本は“米の植民地下にあるという現実”を正しく認識すれば日本人が在日米兵から強姦されようが殺されようがそれに抗議するすることは国家反逆にも等しい。米兵から強姦されたらば本人も家族もむしろ「米兵さん、おありがとうございました」と礼のひとつくらいするのが当然なのだ。誰のお陰で日本の安全が護られているのかをよくよく考えるべきだろう。「米軍と自衛隊があるからこそ日本の平和と安全が保たれている側面が、すっぽり抜け落ちている」のである。
憲法の上位に据え置かれた日米地位協定、年次改革要望書と云う名の内政干渉。米に隷属することこそが日本の「国益」であることを下層愚民どもはまったく理解していない。
デムパはこのくらいにして、さて。
防衛省に火炎瓶投げた男に有罪判決(6日『毎日新聞』朝刊)
 防衛省に火炎瓶を投げ込んだとして、火炎びん処罰法違反などに問われた右翼団体構成員、M被告(22)に対し、東京地裁は5日、懲役2年、執行猶予4年(求刑・懲役2年)を言い渡した。安藤範樹裁判官は「暴力的に主張を表明しようとした犯行で、法秩序を無視した暴挙だ」と非難した。
 判決などによると、牧田被告は7月、東京都新宿区の防衛省の通用門内に侵入してガソリンの入った火炎瓶を投げ炎上させた。沖縄県の養護学校に米軍装甲車が侵入したことに怒り、国防問題を訴えたかったという。久間章生元防衛相の「原爆投下はしょうがない」発言を批判する声明文も持っていた。

※記事では被告を実名報道。Web版の記事では縮小されている。
暴力的行為はよろしくない。だがしかし傲慢極まりない在日米軍が日本国民をどれほど不安に陥れようともこの国の腑抜けた政府はロクに抗議もしない結果としての火炎瓶であろう。
生活費のほとんどまで面倒をみている在日米軍には“居てもらってる”のでは決してない、“居させてやっている”のである。日本政府は在日米兵が起こす数々の犯罪に断固として抗議しかつ「思いやり予算」を全額削除する制裁を加えたってバチは当たるまいよ(そもそもが「思いやり」なのだからしてそれを止めても制裁でも報復でもないのだが)。

http://www.okinawatimes.co.jp/day/200707201300_04.html
http://www.okinawatimes.co.jp/day/200707201700_01.html


【付記】当該事件は下のリンク先のことではないかと思われるが『毎日』が報道した被告とは氏名が違っているのはなぜなのだろう。別件なのだろうか。
http://www.giyuugun.jp/sb/log/eid18.html
http://www.giyuugun.jp/sb/log/eid80.html
http://www.giyuugun.jp/kougibun_uruma.php
コーヒーちんぽ
コーヒーの香りつきコンドーム、エチオピアで好評(CNN.co.jp)

エイズの拡大防止に努める米国の団体が、アフリカ東部エチオピアで、コーヒーの香りがするコンドームを販売している。コーヒー好きが多い同国で、コンドーム使用率の上昇を図っている。

コーヒーの香りつきのコンドームを考案したのは、米ワシントンに本部を置くチャリティー団体「DKTインターナショナル」。コンドームのゴム臭に対する不満の声が少なくないことから、今回の商品を開発したという。利益が目的ではなく、コンドームを抵抗なく使ってもらうことを狙ったとしている。

DKTはこれまでも、その土地その土地にあわせて、ドリアン(インドネシア)やトウモロコシ(中国)などの香りがするコンドームを開発している。
図録▽HIV感染者及びエイズ(AIDS)患者報告数の推移
図録▽世界のHIV感染・エイズの状況(地図付)
ふたたび中選挙区制、そして政界大再編
様々な憶測が飛びかっている福田・小沢会談。挙げ句が小沢の党首時任。政局だけを見ていると、果たしてどこの内戦国だよと思わされるこの国の政治。政治不信なのではない、政治家不信なのだ。
今の民主党にはこの事態を終息させるほどの人材は見当たらないが、まさか前原誠司の再登板はあるまい。松下政経塾上がりはどうも信用ならぬ。(振り返れば岡田克也のころが一番良かった気がする。)

さて福田・小沢会談の後に加藤紘一が講演で中選挙区制に言及したことに興味が惹かれる。曰く「『小選挙区制での政界再編は難しい。政界再編と中選挙区制への移行問題は非常に密接に絡んでくる』と指摘、中選挙区制への復帰も検討すべきだ」(『東京新聞』)。
「中選挙区制への復帰も検討すべきだ」との発言は先の参院選で自民が歴史的惨敗をしたことだけではなく、これまでに思ったよりも二大政党へ収束しなかったことが理由と思われる。

一方では、自民党議員が民主党へ“鞍替え”しただけの選挙区も多いことから、小選挙区制のもとでの自民党は民主党に移った票を補うべく公明党=創価学会票におんぶにだっこしてもらいつづけなければならないという現実がある。
小選挙区制の導入時に云われたことは安定した二大政党制を実現するためだったと記憶しているが、小選挙区制を成熟したものとさせるにはまだ時間不足であることは間違いないものの、地盤・看板・カバンがさらにモノを云う日本型小選挙区制が(総裁の人気に乗じた「刺客」なんてのもあったが)民意をどこまで正確に反映できるのかといった疑問も大きい。

加藤の思惑がどこにあるにせよ、二大政党制を好まぬ側にとっても小選挙区制より中選挙区制の方が望ましいのではないだろうか。第三極をつくる余地が大きくなるのだから。
強固な組織票を持っている公明党にしてもカルト団体が支えであれば票は頭打ち。社民党は連合に見限られ息も絶え絶え、共産党は無党派を取り込める魅力が皆無。となれば、せいぜいがキャスティングボードを握る程度にしかなれないこの三党が連立(政策合意)すればウルトラCを超えた政界再編スーパーEなのだが、それはまア無理というものか。不破哲三と池田大作の会談が実現したらがぜん面白くなるのだが。

小沢さん、辞任って?(13日の水曜日)
自公延命掃討作戦展開中(絵ロ具。)
小沢一郎・民主党代表の辞任報道に思う(徒然気儘な綴方帳)
小沢一郎の合理的な無理筋(みんななかよく)
小沢氏が民主党代表を辞任。民主党改革を国民から求めるなら今。(村野瀬玲奈の秘書課広報室)
(50音順)
小林節「ずっと護憲的改憲派です」
小林節が『金曜日』677号にインタビューで登場している。
曰く「国連は世界中央政府ではありません。諸国の利害調整と意見交換の場にすぎない。今の地球上で国家を超える法人格はないのです。したがって、国連の旗の下にわが国の自衛隊が海外に派兵された場合、それはあくまでわが国の『国権』の下に発動された海外派兵なのです。」
曰く「現時点での改憲論をめぐる状況を見ますと、先ほどから言っているように憲法九条を無視して自衛隊を海外に派兵させているわけです。米国の命令があったかどうかは知りませんが、これまでの自分たちが言ってきた憲法解釈すら守れない。方の支配を心得ず、憲法を守れないような人たちのために『改憲派』に与(くみ)するのは空しいと、そう思うようになってきたのです。」

まずは小林が「派遣」と云わず「派兵」と表現していることに驚く。
『金曜日』に限らずいわゆる護憲派側に小林が応える機会が増えていることは、身体ばかりが大きくなっても脳みそは恐竜並みにしか育っていない日本の民主主義が瀕死の重体にあることの証左ではないか。
憲法は国民に課す義務であるかのように錯覚している改憲派は多い。小林が改憲論者であるにもかかわらず護憲派から一定の信頼を得ているのは、憲法は国民のモノであることを充分に理解・承知しているからなのだろう。
女は米獅子
女は米獅子女はクーガーだそうな(魚拓)。
正確には“熟女はクーガー”。いやちょと違う。

男って生き物は10代のうちに年上、まァ大体20代半ばより上のおねいさんから調教をみっちり受けておくべきだと思う。んーたとえばミセス・ロビンソンみたいな。
どんなことも立派な親方のもとで修行を積んでこそ一人前になれるのです。

コアなエロビデオを観て妄想上の処女を拝みながら夜な夜なソロ活動にふけるよりも、酸いも甘いもかみ分けてきた経験豊富なおねいさんの手練手管でもてあそばれておけば「男は熊!」なんて云わなくなると思うな。だーからどんぐり食って永久冬眠してろっての。
と云うことで、「女の味」ってすごい表現だナーと思う今日この頃です。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。