スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
なーんかヤな時代
留置場=代用監獄に入れちゃえばこっちのもの。
取り調べは密室。目的は自白の誘導そして強要。
真犯人は誰だっていいんだよ、オレたちのメンツが保たれるなら。
世界的に悪名高い日本警察の取り調べに国連人権委員会から注文をつけられても「日本は日本でやっていきますから、ほっといてちょうだい」。

証拠が無くても有罪判決。疑わしきは罰せよ。だーっ面倒くせぇから無期だ無期。がたがた云う奴ぁ退廷ね。それでもうるさいと死刑にすっぞコノヤロウ。
法務省と警察庁の私的諮問機関としての性格が近年益々強まってきた裁判所の中でもその性格がもっとも顕著なのが高等裁判所なのだからして、北陵クリニック事件の仙台高裁判決(田中亮一裁判長)はむしろ当たり前過ぎるといえよう。

なーんかヤな時代北陵クリニック事件も一審のころには冤罪を疑う報道が僅かだがあった。しかし小泉自民党の圧勝、全体主義国家へとひた走る中で、マスコミは自主的な戦時報道体制。よって、記事のほとんどは、警察によると──、政府によると──。
大本営発表だけ流しておけばいいじゃん? 昔もそうだったしさ。なんかあったらまた一億総懺悔にしちまえばいいんだし。

♪回るー まぁわる~よ 時代ィーは 回るぅ
今ナニ時代ですか?

【補遺】
「筋弛緩剤点滴事件」は「北陵クリニック事件」と変更しました(参考)。06.03.25
この記事へのコメント
それはもちろん
暗黒時代です。
Sith(メリケン)の野望通りの国になっているのでしょう。
Matty| | 2006/03/24(金) 22:27:11
コメントを投稿する





秘密: 管理者にだけコメントを表示させる
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック(本ブログURLを含まないTBは制限されています)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。