スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
食事に行っても女の話
食事に行っても女の話週刊金曜日』599号20頁。
佐高 小泉との接点は……。
村上 宮沢喜一内閣の私が労働大臣で彼が郵政大臣ですね。閣僚として一緒に仕事をしましたし、森さんが首相のときは、小泉が派閥の代行をしましたから、一緒に何度も食事をしたりしました。
佐高 小泉の印象は。
村上 信頼する同志もいない孤独な政治家ですよ。なにしろ、女の話しかしないんだから。食事に行っても女の話。新橋に行けば、あの芸者がどうだこうだとかね、そんな話ばかり。
笑った。
この記事へのコメント
どーせあのゲイシャは首を絞めると
締まりがよくなるとか・・・そんな会話が聞こえてきそうです(笑)
えん| | 2006/03/27(月) 21:53:21
えんさん>
あの程度の人間でも総理大臣になれるのですから、とってもイイ国ですね。イイ国というよりもお目出度い国と云った方が良いかも知れませんけれど。
水瓶座| | 2006/03/28(火) 10:55:46
北方謙三曰く
「ソープへ行けっ!」

って意味合いが全然違うか。
Matty| | 2006/03/30(木) 13:31:41
コメントを投稿する





秘密: 管理者にだけコメントを表示させる
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック(本ブログURLを含まないTBは制限されています)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。