スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
輸入してまで食べ残す
食糧自給率40%。食糧が無いなら輸入すりゃいいじゃん。
マリー・アントワネットも驚きのコペルニクス的転回。それでいて大量の食べ残し。
輸入してまで
食べ残す。
不思議な国
ニッポン。 (公共広告機構)
輸入してまで食べ残す資源は石油だけにあらず。
大量の食糧をつくりだすためには大量の肥料を必要とする。大量の肥料をつくりだすためには大量の水がいる。森を切り開け、川をせき止めろ。
世界有数の経済大国の民をさらにぶくぶく太らせるために、およそ裕福とはいえない国の民が農薬まみれで食糧を生産する。エビだカニだ本マグロだと狂気し、安価なファーストフードに乱舞する。
水も無くなりゃ熱帯雨林も無くなっている。誰が云ってたっけ? 21世紀は「水の戦争」が起きるってさ。主犯はニッポン。

予算の多くを国債=借金に頼るのは失政だ。国家公務員の給与を下げろ、リストラせよ。云ってることは正しいが、デンと山積みされたバイキング料理を見てマァおいしそう。全部平らげたら太っちゃう、じゃあ残しましょうよ。そして食堂裏には大量の残飯が吐き出される。
浮浪者とカラスには何ともよい時代である。
この記事へのコメント
エサ産業がなくなれば
大分すっきりすると思いますが(爆)。でも餓死者数増加かも(汗)。
Matty| | 2006/02/02(木) 12:33:09
コメントを投稿する





秘密: 管理者にだけコメントを表示させる
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック(本ブログURLを含まないTBは制限されています)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。