スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
吉野家もすき家も
いやあ、生まれついてのへそ曲がりなもんで。すいませんねえ。
と、先にへりくだっておいてっ‥‥と。
 ・この国の食糧自給率約40%
 ・台所から出されるゴミの約40%が食べ残し
いや、分かんない。「台所から出されるゴミの約40%が食べ残し」は公共広告機構96年の♪にゃんにゃにゃんにゃにゃんの宣伝
輸入してまで
食べ残す。
不思議な国
ニッポン。
から引いた数字なので、今はどのくらい食べ残しているのかは分かんない(調べるのがめんど臭いしね)。

吉野家もすき屋もよーするに、エビだカニだ本マグロだと狂気し、ご当地ラーメンや安価なファーストフードに乱舞する輩は“きじるし”だと思っているのであるからして、グルメ気取りのミーちゃんハーちゃんよりも確かな味覚を持ちながら(エライ自信だな)「食うために生きる」のではなく「生きるために食う」私にしてみれば吉野家もすき家もいらないのである。ついでにマクドナルドもスターバックスもいらないのである。
吉野家はヤバイ肉を使うからすき家にする、ってのは、小泉は気に食わないから前原を応援しようってなことでしかない。本質は同じなのだ。

世界的には人口爆発による水・食糧の不足が危惧されている。金にものをいわせて世界中の食糧資源を喰い尽くす日本は、米国の武力侵略による化石燃料奪取を批判できる立場に無いのかも知れぬ(ポチはもちろんそれを批判していないのだけれども)。
ハンバーガー1個に使われる水は1000リットル、牛丼1杯(並)に使われる水に至っては2000リットルが必要だそうである(註)。

〈註〉旧ブログ「2トンの牛丼」参照。
〈参考〉あたしは「すき家」を支持します!(きっこのブログ)
この記事へのコメント
きっと、植民地政策のインボーだ(爆)
インモーだ(爆)ではないです(爆)。

ソーギョーシャからそーだったのかも知れぬが、結局、ニホンヂンなんぞ、エサを食っていればよろしい。とイケダイサクではなく、池田勇人のような考え、陰謀があったのではないか。ファストフードなんてエサだし。そのエサには大量の輸入牛が使われる。だから、エサを賄う為に輸入牛が必要となったと。
それを知らぬ臣民はナミダを流してありがたがる。困ったもんだ。
Matty| | 2006/02/02(木) 12:21:30
コメントを投稿する





秘密: 管理者にだけコメントを表示させる
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック(本ブログURLを含まないTBは制限されています)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。