スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
そんなに愛してほしいの?
わたしのこと無条件に愛してネ。
少しでも不満を持ったらお仕置きヨ。
というオナゴが合コンの席にいたら、たいがいのオノコはめんどーくせぇオンナだなぁと感じるだろう。お仕置きに興奮する者でなければ。
少なくとも私は御免被りたいおねいちゃんである。

そんなに愛してほしいの?小泉無能政府はおとなには共謀罪で、子どもには改正教育基本法によって「ガタガタ云わずにおれのことを黙って愛してりゃいーんだよ」てな感じで愛という形而上的なものを強要する。こんなものは満員電車でイチモツをおねいちゃんのお尻に押しつける迷惑防止条例違反がごとき下劣極まりないシロモノである。(私は高校生のときに映画館で中性のひとから痴漢されたことがあるけれども、本当に怖かった。これは余談。)
「国を愛する」は正確ではない。“自民党タカ派政権を愛せ”が正確だろう。これはコアなエロビデオばかり観て愛を分かったつもりになっているようなもの。自分の欲求がすべてであり、相手の要求などお構いなし。幼稚なのである。

国民が果たすべき義務は究極的には納税で完遂する。「反体制」がすなわち「反国家」であるはずなどない。気に食わない政府であれば、国民が政府にガシガシ文句をつけるのは民主主義国家の証明である。ここを単純化してしまうと、たとえばナチスによる占領に屈しなかったレジスタンスも反国家的、要するに「非国民」と定義づけなければつじつまが合わない。
「国を愛する」という概念的観念論は時の政府によっていかようにも恣意的解釈が可能であり、すなわち民主党が政権党についたら民主党が望む国家を、社民党が政権党についたら社民党が望む国家を、公明党が、共産党が、雑民党(東郷健ね)が、 大日本愛国党(赤尾敏ね)が、世界経済共同体党(又吉イエスね)が政権党についたら世界経済共同体党が望む国家を愛する、ということである。

文部省(当時)が1947年発刊した「あたらしい憲法のはなし/基本的人権」から一部を抜粋しよう。
人間がこの世に生きてゆくからには、じぶんのすきな所に住み、自分のすきな所に行き、じぶんの思うことをいい、じぶんのすきな教えにしたがってゆけることなどが必要です。これらのことが人間の自由であって、この自由は、けっしてうばわれてはなりません。また国の力でこの自由を取りあげ、やたらに刑罰を加えたりしてはなりません。そこで憲法は、この自由は、けっして侵すことのできないものであることをきめているのです。
あたらしい憲法は、この基本的人権を、侵すことのできない永久に与えられた権利として記しているのです。これを基本的人権を「保障する」というのです。
みなさんは、憲法で基本的人権というりっぱな強い権利を与えられました。
こんなりっぱな権利を与えられましたからには、みなさんは、じぶんでしっかりとこれを守って、失わないようにしてゆかなければなりません。
何度でも書くが、卑屈なまでに米の奴隷国家であることをよしとしている輩ほど「この国を愛せ」と云いたがるのだから嗤う。


共謀罪、荒波高まる。教基法特開催は先送りへ(保坂展人のどこどこ日記)
この記事へのコメント
そこまで言うのでしたら
ギーンは、ニホン中に散らばっている参拝ではなくて、産廃をボランティアでかたづけてほしいもんですナー。
クニを愛しているのならできるよね(爆)>ギーン
Matty| | 2006/05/20(土) 10:30:55
欲望しか持ち合わせてない輩が
愛を強要するってマジ怖ろしいわーー。
シッポ| | 2006/05/22(月) 19:11:37
Mattyさん>
豊島(てしま)参拝とかスね。

シッポさん>
しかも肉欲なんスよね。
水瓶座| | 2006/05/24(水) 13:59:29
コメントを投稿する





秘密: 管理者にだけコメントを表示させる
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック(本ブログURLを含まないTBは制限されています)
(記事起草日 2008年4月19日) これは、死刑FAQと同じような考え方で、国旗、国歌、国家意識(「愛国心」)問題にオルターナティブで多彩...
2008/12/25(木) 21:07:11|村野瀬玲奈の秘書課広報室
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。