スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
狂牛肉、ハイよろこんで!
狂牛肉、ハイよろこんで!米上院議員が「ジャップのくせに生意気なこと云ってないで早いとこ全面輸入しろよバーロー経済制裁すっぞコノヤロウ」という逆ギレ法案を出したという記事がGoogleニュース日本版ではほとんど拾えなかった。検索の鍵語がマズイのか?
「出荷されるまで安心できない」
日米両政府が21日、アメリカ産牛肉の輸入再開で合意しましたが、アメリカの関係者からは、輸入再開の実現について疑問視する声があがっています。
アメリカ議会では超党派の上院議員18人が、輸入が再開しない場合、日本に対して制裁を課す法案を提出しました。法案は、8月末までに輸入再開が実行されない場合、年間の損害額に値する総額31億4000万ドル、日本円にして約3600億円の制裁関税を日本製品に課すよう求めています。
その背景には、輸入再開の実現よりも、来週に迫った小泉総理の訪米を前にアメリカ議会の不満を抑えたい日本政府の思惑が先に立っているのではないか、という不信感があります。
輸入再開はまたも幻に終わってしまうのではないか。アメリカの関係者からは、日本に対する強い疑心暗鬼ばかりが伝わってきます。
(TUFニュース速報)
10年後には全国各地で変異型ヤコブ病裁判。お国は「ヤバいと分かってて食ったおまーら国民が悪い」という論理。
世論の7~8割はメリケンビーフ食いたくねぇよと云うが、米に土下座ばかりしているせいでアジアに尻を向けている総理大臣は「世論に従って政治をすると間違う場合もある」とお考えのご様子。
牛肉輸入再開で合意
米国農務省は6月21日、日米は停止していた米国産牛肉の輸入を再開することで合意した、と発表した。
こんな見出しの発表が22日の在日米国大使館HPのトップで上げられていたが、なぜか英文だけしかない。何かを恐れているのか単なるサボりなのか。
それにしても日本はよかった、米の植民地で。どこかの国みたいに米政府に反抗したら空から爆弾をバラまかれるところだもの。


変異型ヤコブ病感染リスク
『薬害肝炎』と『米国産牛肉輸入再開』(学習できない人間が決定に携わることのこわさ)(nanayaのひとりごと)→新FC2版
外圧(本ブログ)
この記事へのコメント
新住所からです
水瓶座さん、こんばんは。
私もFC2でブログ始めました。新住所のこちらからトラックバック送ります。どうぞよろしく。
renanaya| | 2006/06/22(木) 20:24:55
かつて
私は、輸入は、クニが行っている物とばかり思ってました。それは最近まで続いてましたので、BSE牛再輸入もクニが管轄して行っている物と思ってました(汗)。でも、実際は、クニが行っている場合もありますが、大抵は商社なのですね。だとしたら、商社もBSEとわかっていて輸入するのですから、ある意味死の商社であると言うことででしょうね。その辺が表立って出ていないので、私のような誤解をしている人も多いかも。
と言う訳で、輸入した食糧をそのままハイキしている傾向は、食物がどのようなルートで来たかを消費者が知る由もなく、なんかの製品のような感覚で取り扱われているからでしょう。
Matty| | 2006/06/22(木) 23:01:07
『狂牛病?そんなの俺は気にしないぜ、吉牛早く食いたいよ。』
ってなことを言ってる人を沢山お見かけしますが、
ハッキリ言って家族に対する愛に欠けるなと思います。
ヨダレと糞尿まき散らす廃人の看病をするほうの身にもなれってー。
シッポ| | 2006/06/23(金) 00:03:56
肉は
生協で買っております、ちょっと高いけどしょうがない。いやいや、産地が問題じゃなくてどうやって育ったのかとかトレーサビリティがどうかってことなんでね。しかしムカついたのはあの逆ギレっぷり。デンマーク人と「アメリカと中国は信用ならねえ」と悪口言ってたのを思い出しました。

>シッポさん、むしろCDJの方がアルツハイマーや脳卒中よりは愛がありますよ。他は何十年単位での介護ですけどCDJってけっこう経過早いんで(わたしが知ってるのは1年以内)。
えぼり| | 2006/06/23(金) 07:45:31
renanayaさん>
ご無沙汰しております。
20日の記事で引っ越しは存じておりましたが、つい北国にTBしてしまいました。多謝です。

Mattyさん>
確かにそうですよね。
でも、日本でもBSE感染者が出ても企業は「遺憾に思ってるから許してね」で終わるんでしょうね。でミドリ十字や雪印みたく名前を変えて商売をつづけると。

シッポさん>
HIVを恐れて風俗へ行かなくなったりゴムなしパッチンを怖がったりするヘタレの私は、狂牛病ドンと来いとは、とてもとても。

えぼりさん>
実に見事な逆ギレっぷりです。
おれは悪くない。悪いのは全部おまーらのせいだ。そうだそうだ、そうに決まった。
世界逆ギレ.オブ.ザ.イヤー金賞受賞ものです。
水瓶座| | 2006/06/23(金) 09:59:00
素敵なタイトル
相変わらずの切れ味ですね。(^m^)
水葉| | 2006/06/24(土) 16:35:39
アメリカに北朝鮮をセーバイしてもらおう!
なーんてノリノリの横田夫妻はこのニュース
知ってんのかなーっ ってふと思ってしまったり・・
えん| | 2006/06/25(日) 12:42:48
水葉さん>
無駄な切れ味ばっかり良くて我ながらとほほです。

えんさん>
先の衆院選では不思議なほど沈黙していた拉致被害家族は、今では単なるロビイストに“されて”いますから。
水瓶座| | 2006/06/26(月) 10:05:41
コメントを投稿する





秘密: 管理者にだけコメントを表示させる
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック(本ブログURLを含まないTBは制限されています)
新聞の1面に並んだ対照的な大きな記事。『米国産牛肉輸入再開に合意』と『薬害C型肝炎 国・製薬会社に責任』これら二つの記事は「国の選択の判断」と「その結果の責任」を象徴する事例であると思っている。
2006/06/22(木) 20:18:21|うさぎの小部屋
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。