スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
信州人は自分たちは標準語を喋っていると堅く信じている
最近、ときどき見ているのが「Chakuwiki > ご当地の噂 > 長野」。
そういえば昔、水道橋の居酒屋に「イナゴの佃煮」があったときは感動したなァ。

長野の言葉」には書かれていませんでしたが、こちらでは「落ちた」を「おった(落った)」と云います。
むかしデートしていたときのこと。喫茶店で彼女のコーヒースプーンがテーブルから落ちました。私はすかさず「スプーンおったよ」と。彼女はキョトン。「なんでスプーンを“折る”の?」。
信州人は自分たちは標準語を喋っていると堅く信じている彼女は東北の方でした。

国歌「信濃の国」
長野県にはクラス替えがない!?
「砂糖入り麦茶」って、ヘンですか?
長野県民なら全員歌える「信濃の国」で踊るDVD
この記事へのコメント
改めて・・・長野って独特の文化圏なんですね。w(゜O゜)w
娘の初の「2語文」は「わんわん、おった!」でした。「犬が、いた」の意。
水葉| | 2006/09/15(金) 22:46:58
水葉さん>
いえいえ「信州は変わっている」と云う人こそ変わっているのでいす!
「わんわん、おった!」は、犬が(崖から)落ちた、の意味になっちまいます。
水瓶座| | 2006/09/16(土) 09:41:24
砂糖入り麦茶と私の出会いは、
小学生の頃に友達が遠足に持ってきてて
『世の中にこんなウマイ飲み物があるのかっ!!』
って感激した思い出です。
シッポ| | 2006/09/17(日) 00:51:57
シッポさん>
砂糖入り麦茶って遠足(運動会も?)以外では飲んだ憶えがないんです。ここ一番! の特別な飲み物だったような。
今どきのガキんちょは砂糖入り麦茶じゃ感動しないんでしょうねぇ‥‥。
水瓶座| | 2006/09/18(月) 11:55:28
コメントを投稿する





秘密: 管理者にだけコメントを表示させる
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック(本ブログURLを含まないTBは制限されています)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。