スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
安倍へなちょこ総理大臣
ヒロコです!(ヒロコさん)」と「競艇場から見た風景(makuriさん)」のふたつを経由して知った「藤原直哉のインターネット放送局」は、さわやかな語り口とは正反対。げに恐ろしい。

http://naoyafujiwara.cocolog-nifty.com/ipodcasting/files/0822.mp3
http://naoyafujiwara.cocolog-nifty.com/ipodcasting/files/0904.mp3
http://naoyafujiwara.cocolog-nifty.com/ipodcasting/files/0919.mp3
http://naoyafujiwara.cocolog-nifty.com/ipodcasting/files/0926.mp3

安倍へなちょこ総理大臣さて、「闘う政治家」と称する安倍晋三。闘っている相手は、へなちょこな自分自身。ほとんどシャドーボクシング。
首相就任以来見事なまでの“へなちょこぶり”をあれだけ披露したらば、安倍ファンからそっぽを向かれるんじゃないかなァ。安倍がへなちょこなのはとっくに分かっていたものの、あそこまでへなちょこだったとは。官邸機能強化の前に、おのれを強化した方がよろしいかと。腸が弱くて下痢ばっかりしてるんだし。

♪なんにも はっきり言わねえ(総理大臣)
 遠回しで ごまかしつつ喋る(総理大臣)
 何だか頼りねえの(総理大臣)
 我が国の(総理大臣)…

 はっきりしたこと 唄わせてやるぜ
 若い女が騒ぐようなこと
 二人で奴等を おどかしてやろうぜ…

THE TIMERSの「総理大臣」は、宇野宗佑がおねいちゃんに指3本を握らせたときに歌ったものだけれど、歌詞の内容は、まんま安倍ちゃんに向かっても歌える。

自民党の総裁、幹事長共に統一協会主催「合同結婚式」に祝電を送り、裏金、下半身問題、どす黒い人脈等々、スキャンダルまみれの安倍晋三内閣は来夏参院選までもつのかどうか。
ところがどっこい、来8月頃に“盟友”キムがテポドン飛ばして安倍内閣を“援護射撃”しそうな予感。朝鮮にとっては小泉以上に阿呆丸出しの安倍が総理でいる方が都合よいだろうから。
この記事へのコメント
あの人自身、自分の喋ってること半分もわからないんジャマイカ。
変なカタカナやめれ馬鹿。
シッポ| | 2006/10/11(水) 14:37:12
シッポさん>
安倍ちゃんを見ていると、戦後の教育がいかに間違っていたか、よく分かりますネ。
水瓶座| | 2006/10/12(木) 12:11:35
コメントを投稿する





秘密: 管理者にだけコメントを表示させる
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック(本ブログURLを含まないTBは制限されています)
小泉政策は「痛みを分かち合う」どころか痛みは弱い者、障害者・高齢者に集中して負わせるものでした。同法が一部施行された4月以降、障害者の自立は困難になり、改正医療法では高齢者の負担増で医療・療養が困難になっています。 「障害者自立支援」とは名ばかりで、障害
2006/10/08(日) 19:36:54|競艇場から見た風景
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。