スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
名誉学術称号200に。それがどうした
小さな扱いながら、10月8日『毎日新聞』に次のような記事があった。
名誉学術称号200に 池田大作氏
 創価学会の池田大作名誉会長は7日、中国の北京師範大学(北京市)から「名誉教授」の称号を受けた。75年に旧ソ連のモスクワ大学から名誉博士号を贈られて以来、海外の名誉学術称号は、今回で200になった。
 この日は創価大(東京都八王子市)で授与式があった。北京師範大の葛建平副学長(紙面では掲載写真の説明が入る)が池田名誉会長に証書を手渡し「日中友好と教育の発展に貢献をした」と授与理由を述べた。池田名誉会長は「両国が英知を結集して環境問題に本格的に取り組むべき時を迎えている」と述べ、日中が環境面でパートナーシップを作っていくよう呼び掛けた。
(引用は紙面から。MSN毎日インタラクティブ最新版はコチラ
名誉学術称号200に。それがどうした「天皇制を廃止せよ」という形の改憲派である私にとって、天皇が避暑地に行っただの国体で挨拶しただのといった記事は“紙面の無駄使い”にしか思えないけれども、考え方によっては「交通渋滞情報」と受け取ることもできなくはない。
しかし、ノーベル賞でも受賞したというのならまだしも、一宗教団体の会長が「中国の北京師範大学(北京市)から『名誉教授』の称号を受けた」といったことを全国紙で、しかも写真入りで伝える必要はどこにあるのだろう。

これは『毎日』だけが報道したものなのだろうかといぶかり、Googleニュース日本版で「池田大作」を鍵語に検索してみる。結果、全国紙では『産経新聞』『朝日新聞』だけが伝えたらしい(新聞紙面では未確認)。
私が定期購読しているのは『毎日』だけなので他紙は知らないけれども、『毎日』には創価学会系の出版物の広告が、ほとんど毎日掲載されている。
この国の“真のタブー”は、天皇制ではない。

ちなみに、次のような報道もあった。
安倍首相:創価学会の池田氏と会談 総裁選後に極秘で
この記事へのコメント
聖教新聞と毎日新聞社
はじめまして。所謂、通りすがりです。
どこかで読んだのですが、聖教新聞は毎日新聞が刷っているそうです。そういう訳で仲が良いというか、スポンサーの前では報道機関としての中立性など無くなるということらしいです。
何でもかの先生はノーベル平和賞を狙っていると聞きました。それで学位の数にこだわっているとか。
噂話ばかりで申し訳ありませんが、印刷元というのは調べたらWikipediaにさえ書かれていますね(^^ゞ。
名乗るほどのものではありませんが。| | 2006/10/13(金) 23:09:11
名乗るほどのものではありませんが。さん>
『毎日』に限らず、全国紙は印刷も広告も創価とズルズルの関係のようですね。
水瓶座| | 2006/10/14(土) 11:01:14
学術称号200って調べてみましたら世界で確かに例はないようですね。ノーベル賞以上らしいです。またどっかの国からは国家勲章が8カ国くらいからあるようで、さらに名誉市民、や各団体からの表彰を含めると1000を超えるようです。
世界では超一流レベルは創価学会に注目しているようで、むしろ日本より世界の方が受け入れているとか。
ちなみに日中国交正常化も創価学会がやっていて田中角栄さんの功績では実質ないようですね。
中国、ロシアなどあまり日本と仲が良くない国でありながら創価学会のことを教科書等でも紹介されているようです。
通りすがりのもの| | 2006/11/09(木) 00:40:42
通りすがりのものさん>
私の記憶では創価学会はフランスで「カルト教」にされていたと思いますし、池田大作センセイがどれほどゴリッパな方か、その有り難みがサッパリな私ですけれども、要するに創価学会=池田大作センセイがこの国の「顔」ということなのですね、世界では。
水瓶座| | 2006/11/09(木) 13:47:11
コメントを投稿する





秘密: 管理者にだけコメントを表示させる
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック(本ブログURLを含まないTBは制限されています)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。