スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
安倍ちゃん東京大空襲忘却
3月10日は東京大空襲から62年。
日本を愛してやまず、しかも権力の頂点にいる安倍晋三内閣総理大臣閣下ならば談話のひとつくらい出しているだろうと思いきや、首相官邸ホームページには東京大空襲の「と」の字もなし(同HP検索で「小泉内閣メールマガジン第179号(05年3月10日)」の編集後記に出てきた程度)。

なるほど10日は兵庫に行ったり広島に行ったりで忙しかったらしい。ならば10日前後はどうかというと、9日はポーランドのワレサ元大統領の表敬を受けたり、東京紀尾井町の日本料理店福田家で中曽根康弘元首相、牛尾治朗ウシオ電機会長、浅利慶太劇団四季代表、的場官房副長官と会食したりでやはり忙しい。
11日もNHK「総理にきく」に出演したり、東京西新宿のホテル「パークハイアット東京」内のフィットネスクラブに行ったり、自民党青年局とのポスター撮影をしたり、東京銀座の日本料理店「松山」で豊田章一郎トヨタ自動車名誉会長、氏家斉一郎日本テレビ取締役会議長、三重野康・元日銀総裁らと会食したりで、やっぱり忙しかったようだ。

「鈍感力」などと奇妙な言葉を持ち出しながらも、その実、支持率低下に持病の慢性的下痢ピー乱れ咲き症候群は悪化しているのだろうと思われる。そんなときこそ東京大空襲へ談話のひとつも出せば少しでも支持率は上がるだろうに。「日本人を根絶やしにしようとした米の大虐殺に断固抗議する!」とは云わずとも、被害者を追悼する談話のひとつくらいは出してもよいのだが。安倍内閣電波担当の世耕弘成は何をしているのだろう。

安倍が東京大空襲被害をスルーしているのは米への遠慮からなのだろうが、受けた被害を遠慮するこたァない。「主張する外交」はどうした。仇討(あだうち)のために草の根を分け乞食となっても足跡を追いまくらねばならぬ武士道精神にも反している。
まさか安倍の脳みそでは従軍慰安婦みたいに東京大空襲も“無かったこと”なのではあるまいね。

東京大空襲から62年 平和母子像前で集い(livedoor ニュース)
この記事へのコメント
はじめまして(かな?)

私のブログで
ここの記事を紹介させていただきました。

紹介記事は
http://blog.livedoor.jp/zero_kenzen/archives/53059132.html
です。

よろしくお願いいたします。
ズィロ| | 2007/03/14(水) 11:02:18
とにかく慰安婦問題については、小林よしのり著「戦争論2」の「総括・従軍慰安婦」を読んでみてほしい。
あらゆる関連本の中で一番良い。
この問題の全容も把握できる。
あ| | 2007/03/14(水) 13:47:05
ズィロさん>
はじめまして。
こちらこそよろしくお願いします。
水瓶座| | 2007/03/15(木) 10:10:40
コメントを投稿する





秘密: 管理者にだけコメントを表示させる
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック(本ブログURLを含まないTBは制限されています)
浩二ペルー戦に招集、初のオシム日本
2007/03/14(水) 11:26:27|情報NAVIGATION
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。