スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
またもコッソリ
入浴直後に大便をしているようなもの。せっかくさっぱりしたのに便意を催す。
安倍晋三の外交にはそんな印象を受ける。(慢性下痢ピー症候群だから仕方がないと云えばないのだが。)

安倍晋三が靖国神社の春季例大祭に合わせて供え物を奉納したという。
内閣総理大臣名義で奉納しておきながら私人を強調する。さらに「具体的事実関係について申し上げないことにしている」との曖昧路線。いかにもへなちょこ宰相らしい。実にゴリッパです。

昭和天皇裕仁が靖国神社へのA級戦犯合祀に不快感を持っていた証拠が続々と出てきている。自身が超ド級のA級戦犯である裕仁が、A級戦犯合祀に不快感などとはよく云うよだが(A級戦犯問題がほじくり返されれば困ることになるという保身からだろうが)、安倍が持つ靖国神社への並々ならぬ思いと裕仁の大御心(おおみごころ)とやらと、どう整理するつもりか。説明はつくまい。

総理大臣といえば三権のひとつ行政の長であり、公人私人の区別などできるはずはない。にもかかわらず、信教の自由だの思想信条の自由を持ち出すなど笑わせる。信教の自由も思想信条の自由も主権者たる国民が有する権利であることを、安倍はまさか知らないのだろうか。だからこそ歪んだ愛国心を強要する憲法改悪も平気なのだろう。
この記事へのコメント
コメントを投稿する





秘密: 管理者にだけコメントを表示させる
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック(本ブログURLを含まないTBは制限されています)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。