スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ケチな教育予算
昨夜21日のNews23を観て驚いた。日本の教育予算は対GDP比で3.5%、これは先進国の中ではずば抜けて低いらしい。
【参考】
http://www2.ttcn.ne.jp/~honkawa/3950.html
http://www.dpj.or.jp/kyouiku/003.html
http://www.mext.go.jp/b_menu/shuppan/toukei/06122122/003.pdf

教育費の公的援助が低いこと、云い換えれば家庭負担が高いことは少子化とも交わる問題のようだ。「貧乏の子沢山」は神話である。
また、高齢社会にあっても医療や年金等の福祉費を削減する状況では、年老いた親を抱えて尚かつ子どもを2人も3人も産み育てることは並み大抵の経済力では叶わないだろうことは想像に難くない。
【参考】
http://www2.ttcn.ne.jp/~honkawa/1570.html

資源のない日本においては「ひと」が最大にして唯一の資源だが、時の政府に都合の良い道徳教育だの親学だので真に優れた人材が育つはずなどありはしない。そこで出来上がるのは「欲しがりません、勝つまでは」という“かつての”少年少女だけだろう。

この国の教育は、野菜に水をくれずにイジメると甘く立派に育つ、みたいな考えがあるのだろうか。今すべきは教育に税金をジャブジャブ投入して家庭や学校現場の不安、負担を解消することだ。
予算を最大限ケチっておきながら産めよ殖せよ良い子を育てよったって、土台ムリな話し。
この記事へのコメント
医療費もそうですよね
医療費はOECD加盟国29ヶ国中18位。
1位のアメリカが14%で、日本は7.3%。平均を大きく割り込んでいます。
日本は平均寿命が長いので「効率的な医療が行われている」と政府は言い訳をしているようですが、効果のあいまいな薬が大量に認可されていて、医薬品費が異常に高い。

「粗食に耐えるとからだは強くなるのだ!」とか「障害者への支援をやめれば自立するはずだ」とか、やめてほしいですよね。
水葉| | 2007/05/23(水) 09:01:43
水葉さん>
メタボ議員が生意気いうな! と私は叫びたひ。
水瓶座| | 2007/05/23(水) 11:26:50
コメントを投稿する





秘密: 管理者にだけコメントを表示させる
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック(本ブログURLを含まないTBは制限されています)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。