スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
在日米軍従属促進法
在日米軍再編促進特別措置法とやらが成立した。「ゆるぎない日米同盟」のためというが、実体は米へのさらなる従属促進法に過ぎぬ。哀しき植民地根性。
【記事】
米軍再編法・きょう成立 自治体苦渋、交付金で選択迫られ(毎日/魚拓)

在日米軍従属促進法60億ドルといえばおよそ7300億円。この金額の算出はあいまいだという。おそらく米の「言い値」なのだろう。1年前には80億ドル=9700億円と云われていたから、それからすれば20億ドル=2400億円安くなった。わーいわーい。喜んでいる場合ではない。夕張市と何ら変わらぬこの国の財政の、一体全体どこをほじくれば米軍引っ越し費用が捻出できるのか。

米軍に日本から出て行って“いただく”ための方法は別にある。「思いやり予算」をすっぱり打ち切れば米軍は嫌が応にも出て行かざるを得まい。米が全額を自国で負担してまで日本に居座る理由などない。日本が養ってやっているからこその在日米軍基地なのだ。
そもそも日米関係の軍事面を強化したところで守るべき国民(本当は国民など守らないけど)が、増大する教育費や医療費の負担でヘロヘロでは本末転倒だろう。

──あなたたちがいると、ウルサいし怖いし迷惑なんです。お願いですから、この町から出て行ってください。
そんなに云うなら出て行ってやるよ。その代わり60億ドル出しな。

ヤクザだってそこまでアコギではない。
この記事へのコメント
コメントを投稿する





秘密: 管理者にだけコメントを表示させる
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック(本ブログURLを含まないTBは制限されています)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。