スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
想定有罪
神奈川県平塚市のアパートで昨年5月、計5人の遺体が見つかった事件で、娘の利加香(りかこ)さん(当時19歳)を絞殺したとして殺人罪に問われた住所不定、無職、岡本千鶴子被告(56)に対して横浜地裁は23日、懲役12年(求刑・懲役17年)を言い渡した。大島隆明裁判長は「確たる動機は認めがたいが、一時の感情に任せて殺害したと考えられる」と指摘した/大島裁判長は「殺害に関与していたのは岡本被告と峰宏さん以外にはあり得ない」と判断/殺害動機について「証拠上はほとんど解明することができない」としながらも、「ささいないさかいがきっかけで衝動的に殺意を抱いたような事態」などが想定できると指摘した/利加香さんの遺体の首に残されていた形状と同様のひもを岡本被告が携帯していたことについて「犯行に関与したことを推測させるが、ひもは特徴的な形状ではなく関連性は確定的なものではない」と述べた。
(24日『毎日』朝刊/web版

恐ろしい判決が出たものだ。
この記事へのコメント
コメントを投稿する





秘密: 管理者にだけコメントを表示させる
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック(本ブログURLを含まないTBは制限されています)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。