スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
イラク、ビルマ。自己責任
ミャンマー軍によって射殺されたとみられる長井健司に対しては、むしろ不思議なくらい「自己責任論」が飛び出してこない。

いやさ自己責任どころか「警視庁は刑法の『国外犯規定』を適用し、容疑者不詳の殺人容疑で中野署に捜査本部を設置」(日刊スポーツ)までするようだ。

涙を流して解放を求めるばかりか無策無能無責任の日本政府にスイマセンでしたと謝罪までしたにもかかわらず「自己責任」のひと言で“片付けられた”香田証生。容疑者を殺せ! という日本の世論は、もちろんない。

香田を公開処刑した容疑者がイラク内務省対テロ部隊オオカミ旅団によって逮捕されたのは06年3月だったと記憶している。続報は現在に至るまでまったくと云ってよいほど聞こえてこないのだが。
この記事へのコメント
コメントを投稿する





秘密: 管理者にだけコメントを表示させる
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック(本ブログURLを含まないTBは制限されています)
 TBPの話題設定について統一しろとかなんとか寝ぼけたことを言っている人がいるが
2007/10/07(日) 14:52:53|雑談日記(徒然なるままに、。)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。