スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
公務員は公教育を受けよ
戦後教育の出来損ないである安倍ちゃんの肝煎りではじまった教育再生会議が福田内閣でも継続しているようだ。

同会議の提言が福田内閣においてどれほど反映されるかといった政治的なことはともかく、しごく簡単に実行できる教育改革がある。政治家と役人の子女を例外なく公立学校へ入れることである。これすなわち「隗より始めよ」と云う。

加えて、障害児を「隔離」せぬこと。さらにもうひとつ06年11月10日記事から引用する。
およそ社会というものは老若男女入り乱れくんずほぐれつしてこそ社会としての体を成す。地域のオトナが好きなときに授業参観できるようにしたらどうか。教室は余っているのだから校内に老人ホーム(デイサービス)を設置したらどうか。障害児童を“隔離”せずに普通の学校(言葉悪くて失礼)に通わせたらどうか、同じ組はむづかしいとしても。
親と教師と同級生しか「ひと」を知らないのでは、子どもの社会は広がらない。云い換えれば、コアなエロビデオと美少女フィギュアでしかオンナを知らないようなものである。
内閣府意識調査:障害ある人、ない人と同じ生活 日本18%、ドイツ81%
障害者自立支援法:施行後の利用料、重度ほど負担増す‐‐作業所調査
この記事へのコメント
公立に入れない子弟は
 公立学校に入れず、成蹊くらいしか行けない人はどうすりゃいいんでしょうか。。。。
南郷力丸| | 2007/10/29(月) 22:14:10
南郷力丸さん>
むづかしい問題ですね。
とりあえず人身一新してみるとか、入院してみるとか‥‥。
水瓶座| | 2007/10/30(火) 09:29:59
疑惑
おじゃまします。kuronekoといいます。
古い話ですが、わたしの母親の女学校の同級生の夫は某高級官僚で、そこの子息はみんな国立大付属の小学校に入学した。選抜はくじ引きなので、母親は「そんなにくじ運が強いとは思えないからコネなんじゃないかなあ」と疑っておりました。
そんなわけで、受験校になっている筑波大付属など師範系大学付属学校は、統合教育実践校にして受験校を降りる政策がいいと思っています。
この案を一章に付す輩は、「受験地獄解消」とか、「知識より個性が大事」とか言っても信じられない。
kuroneko| | 2007/10/30(火) 14:08:15
kuronekoさん>
こんにちは。コメントありがとうございます。

なるほど、統合教育は国立大付属がお受験校の看板を降ろして率先すべきかも知れませんね。障害児には特殊専門教育が必要としても。
公立は公立でも「国立」大付属は裏でゴニョゴニョありそうですね。政治家・官僚のお坊っちゃまお嬢ちゃまには「当たるまで引く!」といったくじ引き特別優遇制度があるのかも知れませんです。

ちなみに私は第一志望校の受験に失敗しました。
www.koredeiinoda.net/b_bakadai.html
水瓶座| | 2007/10/31(水) 10:43:52
コメントを投稿する





秘密: 管理者にだけコメントを表示させる
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック(本ブログURLを含まないTBは制限されています)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。