スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
司法と社会は尚も敗北する
分からないのが“責任能力があるから死刑”の理屈である。「責任能力の有無が争点」といった裁判も多い。私などは責任能力があるならばむしろ生きて償わせた方がよいではないかと考えるが、主流日本人の感性では「死刑」ということらしい。

荒川沖連続殺傷事件の被告は、「『早期の死刑執行』を繰り返し望み」、「当時の心境を『この世界から消えたかった。つまらない人生をさっさと終らせたかった』と説明」。そして「無差別殺傷に及んだのは『とりあえず複数殺せば死刑になる』ことが理由という」(29日『毎日』朝刊)。

記事を書いた毎日記者は被告と接見したなかで「遺族や被害者を思いやる言葉は一度も出ていない」などと書いているが、早く死刑にしてくれと主張する被告に反省を期待する方がどうかしているだろう。この国では責任能力の有無もさることながら、反省の有無を執拗に求めるのが大好き。反省したところで死刑にされるならば反省するだけ損というものである。

被告のふてぶてしい態度はなるほどケシカランとは云える。しかし死刑志願の殺人者には法も社会も敗北する以外にない。おれは死刑希望でお前らを皆殺しにするゼという社会の落とし子は完全無欠である。訳知り顔の評論家が「心の闇」「人格障害」と解説したところで死刑志願者は減る気配がない。死刑制度が何の歯止めにもなっていないのではないか。

さてどうする。被告は責任能力があるから死刑とするか。してその効果は誰にどのようにもたらされるのだろうか。被害者遺族そして犯罪的無知の善良なる市民の溜飲をほんのちょっと下げるだけではないのか。死刑執行によって被害者遺族に明るい未来が拓けたのか。死刑執行に喜びの声湧く遺族、という報道にはついぞお目にかかったことはない。マスゴミはなぜ取材せぬ。

29日『毎日』朝刊社会面には《妹殺害の兄 懲役12年》の記事もあった。今や殺害人数を問わず殺人犯は死刑に、の時代である。ところが有罪判決を出した東京高裁は殺害と死体損壊さらに完全責任能力まで認めながら懲役12年である。この国は家族の殺害には極めて寛容だ。介護殺人が顕著な例。

死刑制度を存置するならそれもよかろう。しかし誰を殺せば死刑で誰を殺せば死刑ではないのか。遺族が涙すれば死刑で涙してくれる家族がいなければ有期刑か。ここを感情によって線引きする欺瞞はしてもらいたくないものだね。
この記事へのコメント
コメントを投稿する





秘密: 管理者にだけコメントを表示させる
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック(本ブログURLを含まないTBは制限されています)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。