スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ふたたび中選挙区制、そして政界大再編
様々な憶測が飛びかっている福田・小沢会談。挙げ句が小沢の党首時任。政局だけを見ていると、果たしてどこの内戦国だよと思わされるこの国の政治。政治不信なのではない、政治家不信なのだ。
今の民主党にはこの事態を終息させるほどの人材は見当たらないが、まさか前原誠司の再登板はあるまい。松下政経塾上がりはどうも信用ならぬ。(振り返れば岡田克也のころが一番良かった気がする。)

さて福田・小沢会談の後に加藤紘一が講演で中選挙区制に言及したことに興味が惹かれる。曰く「『小選挙区制での政界再編は難しい。政界再編と中選挙区制への移行問題は非常に密接に絡んでくる』と指摘、中選挙区制への復帰も検討すべきだ」(『東京新聞』)。
「中選挙区制への復帰も検討すべきだ」との発言は先の参院選で自民が歴史的惨敗をしたことだけではなく、これまでに思ったよりも二大政党へ収束しなかったことが理由と思われる。

一方では、自民党議員が民主党へ“鞍替え”しただけの選挙区も多いことから、小選挙区制のもとでの自民党は民主党に移った票を補うべく公明党=創価学会票におんぶにだっこしてもらいつづけなければならないという現実がある。
小選挙区制の導入時に云われたことは安定した二大政党制を実現するためだったと記憶しているが、小選挙区制を成熟したものとさせるにはまだ時間不足であることは間違いないものの、地盤・看板・カバンがさらにモノを云う日本型小選挙区制が(総裁の人気に乗じた「刺客」なんてのもあったが)民意をどこまで正確に反映できるのかといった疑問も大きい。

加藤の思惑がどこにあるにせよ、二大政党制を好まぬ側にとっても小選挙区制より中選挙区制の方が望ましいのではないだろうか。第三極をつくる余地が大きくなるのだから。
強固な組織票を持っている公明党にしてもカルト団体が支えであれば票は頭打ち。社民党は連合に見限られ息も絶え絶え、共産党は無党派を取り込める魅力が皆無。となれば、せいぜいがキャスティングボードを握る程度にしかなれないこの三党が連立(政策合意)すればウルトラCを超えた政界再編スーパーEなのだが、それはまア無理というものか。不破哲三と池田大作の会談が実現したらがぜん面白くなるのだが。

小沢さん、辞任って?(13日の水曜日)
自公延命掃討作戦展開中(絵ロ具。)
小沢一郎・民主党代表の辞任報道に思う(徒然気儘な綴方帳)
小沢一郎の合理的な無理筋(みんななかよく)
小沢氏が民主党代表を辞任。民主党改革を国民から求めるなら今。(村野瀬玲奈の秘書課広報室)
(50音順)
小林節「ずっと護憲的改憲派です」
小林節が『金曜日』677号にインタビューで登場している。
曰く「国連は世界中央政府ではありません。諸国の利害調整と意見交換の場にすぎない。今の地球上で国家を超える法人格はないのです。したがって、国連の旗の下にわが国の自衛隊が海外に派兵された場合、それはあくまでわが国の『国権』の下に発動された海外派兵なのです。」
曰く「現時点での改憲論をめぐる状況を見ますと、先ほどから言っているように憲法九条を無視して自衛隊を海外に派兵させているわけです。米国の命令があったかどうかは知りませんが、これまでの自分たちが言ってきた憲法解釈すら守れない。方の支配を心得ず、憲法を守れないような人たちのために『改憲派』に与(くみ)するのは空しいと、そう思うようになってきたのです。」

まずは小林が「派遣」と云わず「派兵」と表現していることに驚く。
『金曜日』に限らずいわゆる護憲派側に小林が応える機会が増えていることは、身体ばかりが大きくなっても脳みそは恐竜並みにしか育っていない日本の民主主義が瀕死の重体にあることの証左ではないか。
憲法は国民に課す義務であるかのように錯覚している改憲派は多い。小林が改憲論者であるにもかかわらず護憲派から一定の信頼を得ているのは、憲法は国民のモノであることを充分に理解・承知しているからなのだろう。
女は米獅子
女は米獅子女はクーガーだそうな(魚拓)。
正確には“熟女はクーガー”。いやちょと違う。

男って生き物は10代のうちに年上、まァ大体20代半ばより上のおねいさんから調教をみっちり受けておくべきだと思う。んーたとえばミセス・ロビンソンみたいな。
どんなことも立派な親方のもとで修行を積んでこそ一人前になれるのです。

コアなエロビデオを観て妄想上の処女を拝みながら夜な夜なソロ活動にふけるよりも、酸いも甘いもかみ分けてきた経験豊富なおねいさんの手練手管でもてあそばれておけば「男は熊!」なんて云わなくなると思うな。だーからどんぐり食って永久冬眠してろっての。
と云うことで、「女の味」ってすごい表現だナーと思う今日この頃です。
望んで中国に残留した児はいない
すわソ連軍侵攻か! と満州から真っ先に逃げ出したのは軍隊であった。しかも在留邦人にはまったく知らせずに。
「五族協和」「王道楽土」という美名のもとに、我が信州からは日本でもっとも多くの満蒙開拓団を送り出していた(およそ3万人を送り、半数以上が帰っては来られなかった)が、成人男性は徴兵に取られていたため、残った女子どもは見捨てられ置き去りにされた。それが中国残留孤児(邦人)問題へと至る。“残留すら”叶わず、青酸カリを用いた集団自決を強要された者も大多数にのぼった。「生きて虜囚の辱を受け」るなとか「天皇陛下の御為に喜んで死ね」だのと自国民を殺すことには一生懸命だった為政者であれば、さもありなん。

中国残留孤児は元が日本人であるものを、まるで問題そのものが無いかのような棄民政策をつづけ、ようよう帰国を果たした者にはわずかばかりの生活保護費を支給するだけの日本政府である。
日本政府によれば中国残留孤児問題は「国民が等しく耐え忍ぶべき戦争被害」であり、「シベリア抑留や空襲など、戦争被害者は他にも多くいる。中国帰国者だけを特別扱いすれば、戦後補償のバランスが崩れる」から特別な施策は考えられないのだと云う。“帰国したけりゃご自由に。ただし勝手に生きてゆけ”だ。昨今流行の自己責任論にもみられるように、この国ではとかく自国民に厳しい。そのくせ政治家、官僚の責任は、連帯責任、一億総懺悔である。

長野県では04年4月、独自に残留孤児を対象とした支援金制度を設けて月3万円の支給を始めたが、本来は日本政府が「ごめんなさい」と支払うべきものである。中国残留孤児問題に不熱心な国会議員が多い理由は“票にならない”からだが、帰国した中国残留孤児への支援策が前進した(下記リンク参照)ことは評価したい(支援策の中身には精査が必要だが)。ただし、ときの政府がつくり出した棄民であった以上、正しくは支援金ではなく賠償金だろう。また、金だけで済まそうとするのでは、日本政府の無策の責任を曖昧なままにしておくことになる。
支援金は政治家や官僚の財布から出されるのではない。どうせならば一気にドカンと支払った方がよろしい。

中国残留孤児:支援法、今国会成立へ 議員立法で与野党合意(『毎日』)
日米対抗強姦合戦
よもや女性の狂言だったなんてことならばさしもの私もひっくりコケるが、日米地位協定という大きな壁があるのは事実だろう。
そして、この国は本当に独立国家なんですか? と。

米兵の逮捕状請求見送りへ 女性集団暴行で広島県警(『東京』)
 米軍岩国基地(山口県岩国市)の海兵隊員4人が日本人女性(19)を集団で暴行したとされる事件で、広島県警は26日までに、4人の逮捕状請求を見送る方針を固めた。

おまけ。
集団強姦:財務省職員の2容疑者を逮捕 警視庁(『毎日』)
集団レイプで財務省主計局職員2人逮捕(『日刊スポーツ』)
公務員は公教育を受けよ
戦後教育の出来損ないである安倍ちゃんの肝煎りではじまった教育再生会議が福田内閣でも継続しているようだ。

同会議の提言が福田内閣においてどれほど反映されるかといった政治的なことはともかく、しごく簡単に実行できる教育改革がある。政治家と役人の子女を例外なく公立学校へ入れることである。これすなわち「隗より始めよ」と云う。

加えて、障害児を「隔離」せぬこと。さらにもうひとつ06年11月10日記事から引用する。
およそ社会というものは老若男女入り乱れくんずほぐれつしてこそ社会としての体を成す。地域のオトナが好きなときに授業参観できるようにしたらどうか。教室は余っているのだから校内に老人ホーム(デイサービス)を設置したらどうか。障害児童を“隔離”せずに普通の学校(言葉悪くて失礼)に通わせたらどうか、同じ組はむづかしいとしても。
親と教師と同級生しか「ひと」を知らないのでは、子どもの社会は広がらない。云い換えれば、コアなエロビデオと美少女フィギュアでしかオンナを知らないようなものである。
内閣府意識調査:障害ある人、ない人と同じ生活 日本18%、ドイツ81%
障害者自立支援法:施行後の利用料、重度ほど負担増す‐‐作業所調査
日本人慰安婦
日本は米の植民地であることをみんな忘れてるのかしら。
在日米軍従属促進法しかーし、単なる植民地ではありません。在日米兵は日本の安全を仮想敵国からお守りくださっているのです。日本の治安のみならず世界の治安をお守りくださっている米兵さんのちんぽをありがたく頂戴しないとバチが当たるというものです。日本人女性は在日米軍の慰安婦なのですから。
黒豹総理、日本国万歳!(ココ松岡のマネ)

♪男は黒豹なのよ 気をつけなさい(チャチャッチャラララ)

アレですね。ワカメちゃんみたいにミニスカートからパンツをのぞかせている小学生は在日ロリコン米兵におまんこされても「いかにも“してくれ”っていうの、いるじゃない」ということですね。「そういう格好しているほうが悪いんだ」と。まァ私はワカメちゃんよりカオリちゃんやリカちゃんの方が好きですけどね。リカちゃんのママやタイコさんはもっと好きですけどね。

どこで読んだのか忘れてしまいましたが「男は熊」だそうです。男は熊ってどんなんだよと。そんな男はどんぐり食って永遠に冬眠してろっての。
つーか日本には人食い熊っていないよね。子連れで気が立ってるからとか出合い頭でびっくりしたからとかでしか人を襲わないよね。つまりは防衛のため。
「男は大熊猫」だったらちょっとかわゆい。
それがどうしたB型殿下
高額な生活保護費をもらっている分際で主権者である私に断りもなくアルコール依存症となった然る高貴なお方が血液型による性格判断を信じているお目出度い年寄りであるということは分かった。つーか「B型なので」って意味不明なんスけど。
寛仁殿下「非行少年だった」 米紙に衝撃告白のすごい中身

「61年間で、やりたいことは本当にみんなやりました。古いしきたりも打破しました。B型なので、新しいことをやってみたいです」
「おれって今じゃ落ち着いてるけどさァ、こう見えて若い頃は喧嘩ばっかりやっててよォ、手がつけられなかったんだゼェ」っつーよくいるオトナの実際は口ほどにもないと相場は決まっている。アル中殿下はそうは云ってないけどね!

松村宏のNEWSな顔
社会保障制度は消費税に頼らずとも
◆宮内庁‥‥179億9811万円(04年概算要求)
◆思いやり予算‥‥2326億円(06年度)
◆国会議員「文書通信交通滞在費」‥‥1200万円(1人)×722議員=86億6400万円

今すぐに思いつくものだけを上げた。たったこれだけでも合計すると2592億6211万円、すべてが無駄な金である。「思いやり予算」「文書通信交通滞在費」は云うに及ばず、天皇制は即刻廃止。だいたいが生活保護に年70億円(皇室費)てのは誰が見たって異常。
これまで何度も書いているように天皇制は単なる宗教にすぎないのだからして、いらぬ。宗教法人天皇教として信者が肩寄せあって「天皇陛下ばんざーい」とやっておればよろしい。京都へ帰ってさ、ひっそりと。天皇水とか売り出せば何万円でも買うだろうよ、熱心な信者ならば。
閑話休題。そして──

◆テロ特措法によるインド洋での自衛隊の給油活動‥‥200億円/6年間
◆政府開発援助(ODA)‥‥7293億円(大幅な見直し、削減)
◆国連分担金‥‥3億3260万ドル ≒ 383億2200万円(同)
◆常任理事国入りや慰安婦決議阻止等の“馬鹿げた”ロビー活動
◆なんやら私的懇談会の解散その他その他

を加えたら消費税率など1%も上げずとも1年間で1~2兆円くらいは簡単に用意できはしまいか。なんなら国会議員の給与2230万円を20~30%カットしてもよい。それでも1784~1561万円もある。(政治は金がかかる、というのであれば、どれほど金がかかるのか領収書をビシっと出せばよい。それが政治活動に有用か否かは有権者が判断する。)
そして、赤福やトヨタのごとき不正不良企業は法人税を50%に上げる。それが嫌で海外へ移転するような企業は非国民企業として潰してしまえばよろしい。

さらに、08年度予算の概算要求で4兆8172億円もある防衛省を廃止し自衛隊を解体することで軍事費をゼロにする。そこで新たに「防災省」を新設し災害救助隊を組織。この国最大の有事は自然災害である。詳しい計算は分からないし面倒臭いのでしないが、防衛省予算の半分以下、いや1兆円の予算もあれば充分ではないだろうか。災害救助にバカ高い戦闘機やらミサイルやらは必要ないのだから。

災害救助隊の一部は「国境なき災害救助隊」にすればよい。米艦船へ油をタダでくれてやったところで誰からも感謝はされないが(米は無償提供が当然だと考えている)、インド洋の片隅でひっそり国際貢献(国際貢献か?)するよりも国境なき災害救助隊ならば目立つしみんなから感謝されること請け合いである。
札束を武器にロビー活動せずとも「日本を常任理事国へ!」という声が世界中から自然と湧き起こるだろう。これは余談だが。
この国にいる最悪の不良外国人は在日米兵である件
そもそも日本からの「おもいやり予算」がなければ到底維持はできぬ在日米軍であるにもかかわらず、アメリカさんが日本人を強姦しようがひき殺そうがすべては無罪ですからー! なんである。この国では日米地位協定が憲法より上位にあるのだからして、日本政府の対米外交は土下座しか選択肢はないのだ。

町村信孝はかつて、在日米兵から性暴力を受けた女性が自らの体験を公表し基地撤去を訴えたことに対してこう云い放った。「米軍と自衛隊があるからこそ日本の平和と安全が保たれている側面が、すっぽり抜け落ちている」と。
解説しよう。つまりこうである──アメリカさんのお陰で日本は安全なのだ。強姦の一度や二度がなんだ、それでおまんこが減るわけじゃあるまいし。それが嫌なら日本から出て行けこの反日め!

この国にいる最悪の不良外国人は在日米兵である件また町村は米軍ヘリが沖縄国際大に墜落(04年8月13日)したことを受けて「被害が重大にならなかったのは(パイロットの)操縦技術が上手だったのかもしれない」と発言した。筋金入りの媚米派でありアメリカ無罪論者である町村信孝のHPには「人間性にあふれた保守主義」と掲げられているが。

今月14日、広島市内で米軍岩国基地所属の海兵隊員4名に集団強姦(輪姦)されたという19歳のおねいちゃんにはお気の毒だが、政府にも警察にも一切の期待をしない方がよろしい。

米海兵隊員による輪姦事件(Tomorrow is Another Happy)
食と命の修学旅行
死刑について考える(1) 「そりゃ、殺したいよ」(たんこぶ)
辛淑玉が死刑について考えていることを読み、今日は修学旅行について考える。あんまり関係ないかも知れないが、考える。

私は常々、小学校の修学旅行で屠殺場を訪れたらどうかと考えている。「食う」とは何か、そして「命」とは何かを学ぶに最も適した場所が屠殺場である。
「修学」旅行だもん。ディズニーランドのどこが修学旅行なんだよバーロー。

たしか永六輔が云っていたと記憶しているが「いただきますとは、あなたの命を私の命に代えさせていただきます、なのだ」ということ。肉は初めからステーキやハンバーグに形成されているのではない、人間が──ぼくたちわたしたちが生きてゆくには“代わりの命”が必要なのである。いただきますとは“命に感謝する”のである。
温かく真っ赤な血の通ったドナドナの断末魔、それをさばく様子を見学することから、命について考えてゆく。ミミズだってオケラだってアメンボだって、みんなみんな生きているんだ友達なんだ。
世界的には人口増加の傾向にあるなかで、おそらく何億人もの命を飢えから救えるであろうだけの食品を大量に輸入し大量の残飯をつくりだす国、日本。食糧自給率40%を下回るこの国が40%の食品を捨てている現実も合わせて学びたい。

命についてはもうひとつ。辛淑玉の記事を読んで考えたことは、屠殺場に加えて死刑場も見学したらどうだろうかということ。もちろん“執行を見学”しなければ意味がない。
よだれを垂らし下をもらす死刑囚の姿を目の当たりにすれば、死刑制度存置派の云う犯罪予防にもなろう。

私の死刑反対(Tomorrow is Another Happy)
BBCでの死刑論議(la_causette)
ダーティーな護憲派
いわゆる護憲派に足りないものは「馬力」、そして「汚さ」だろう。共産党が良い例だが、護憲派は清廉潔白を意識し過ぎるきらいがある。

自民党は大したものだ。下半身問題で議員辞職しようとも、みそぎは済みましたアとばかりに次の選挙ではちゃっかり当選してくる。護憲派はこの厚顔無恥ぶりをむしろ見習うべきだろう。

酒好きでバクチ好き、趣味はセックスの拝金主義者。そのくらいの「馬力」や「汚さ」がなければ憲法改悪の流れを止めることは出来まい。共産党も社民党も線の細い議員ばかりで頼りないのである。

裏金や愛人を週刊誌にすっぱ抜かれてもワハハで済ませてしまうくらいの「大物」護憲派議員はいないのか。
きっかけは、いじめ?
第117回秋季北信越高校野球大会へ長野県代表として長野日大と丸子修学館が決勝進出を果たした、てなニュースをみて、ハテ丸子修学館なんて高校あったかなアとググったら、あぁ元・丸子実業高校か。

公立高校が名称を変更するってのはあまり聞いたことがないけれど、これはバレー部いじめ自殺事件がきっかけじゃなかろうか。もちろん単なる推測デスラー。会いたかったよ、ヤマトの諸君。
丸子修学館HPには「平成19年4月より総合学科開設に伴い、校名を変更しました」とあるけどネー。
対テロ戦争への危機意識
非常に素朴な、尚かつ根本的な疑問は、対テロ戦争に非戦闘地域は存在するのだろうか、ということである。
テロはある特定の国や地域においてのみ発生するものではない。その活動は常に流動しており、昨日A国で起こったものが明日はB国で起こるといった性質のものである。だからこそ全世界が恐怖するのだ。

結論すれば、非戦闘地域はこの地球上のどこにもまったく存在しないのである。したがって、「平成十三年九月十一日のアメリカ合衆国において発生したテロリストによる攻撃等に対応して行われる国際連合憲章の目的達成のための諸外国の活動に対して我が国が実施する措置及び関連する国際連合決議等に基づく人道的措置に関する特別措置法」(なげーよバカ)をもって自衛隊が活動できる地域などどこにもありはしないのだ。
テロ特措法を合憲とすれば、たとえばロシアが「チェチェン武装勢力のテロに困ってます。日本も手伝って」と云って来たら、これを断ることはできまい。それとも「チェチェンはテロリストじゃなくってレジスタンスだからぁ」と断るのか。

慢性へなちょこ症候群を理由に辞任表明、入院した際「内閣総理大臣臨時代理」を置かなかったことに対して安倍晋三は「臨時代理については法律にのっとって、職務にどの程度支障を来すかどうかという判断の上に、今回は臨時代理を置かなかったということになりました」と理解不能意味不明な理屈をこねているが、その時にキムキムがテポドン撃ち込んで来たらどうすんだよー、と心配するものはいなかった。そのようなときに「有事」が発生した場合、誰が責任を持って決断、命令できるのか。下痢ピーでお粥をすすってる安倍が病床から命令できたとでも云うのか。この国の政府の危機管理意識とはその程度でしかない。
米原子力潜水艦によるえひめ丸への「テロ行為」を知ってもゴルフを続けていた総理大臣をみられよ。新潟中越大地震が起きたことを知らされても東京の劇場でターザンの物真似をしていた総理大臣をみられよ。米軍ヘリが沖縄国際大(住宅地)に墜落しても夏休みを理由にホテルのテレビでアテネ五輪観戦を続けた総理大臣をみられよ。朝鮮による核実験が“予測されていた”にもかかわらず衆院補選の応援で大阪に出かけていた防衛庁長官をみられよ。

そもそもが、列島各地に原発銀座をつくっていながら「やいテロリストども、世界の平和を乱すやつは許さねーぞ」などと云える神経が分からぬ。夜郎自大政府。ブッシュ米の世界侵略に加担したときから、この日本でいつテロが起きてもおかしくないのだ。米軍へガシガシ協力しても日本でテロが起きていない理由は四方を海に囲まれていること、何より「日本を攻撃したら弱いものイジメと思われちゃうよね ネー (*´・ω・)(・ω・`*) ネー」というテロリストの“恩情”である。米による中東侵略にこれ以上加担するならば、日本でも早晩ロンドンやマドリードの惨劇が起きるだろう。米へ油を“くれてやる”前に私の車へよこせバカヤロー。
ともかく我が家の近くに原発がなくてよかったよかった。
鬼軍曹、小学校へ
山崎と平沢の慰安婦らしいオンナをどこからどう眺めたら“美人ジャーナリスト”になるのかさっぱり分からない私メ。つーかジャーナリストじゃないし。
ま、美人と見るか福笑いみたいな顔だよなァと見るかは好みの問題だけどね!

そんなことよりも、冒頭の「被災地の小学校 ビリーがやって来た」の方はすっげ気になる。小学校に鬼軍曹がやってきて嬉しいのか?

二瓶絵夢の逮捕で、どの議員が政治生命を失うか見モノだ
「美人ジャーナリスト・二瓶絵夢」の怪文書に登場する政治家の名前
ブートキャンプもいいけれど……リアル鬼教官は泣くほど怖いぞ!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。