スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
また会おうゼ
キヨシローが死んだらしい。「らしい」と云うのは死んでるところを実際に見てはいないから。泉ちゃんじゃないけれど「オレとしては忌野清志郎が亡くなったコトは受け入れないから!」という心境なのかも知れない。ホントは死んでねーんじゃないか?

普段はマスゴミなど疑ってかかる連中もキヨシロー死亡報道はスッと受け入れちゃうのかね。まァ現実を見ろと云われたらそれまでだしみんながココまで大騒ぎしてるってことはキヨシローは本当に死んだんだろうけど。

土曜の晩に安住が「忌野セイシロウさんがお亡くなりになりました」と云ったときにはドエラク驚いたけれど(セイシロウと“2度も”云ったことに、ではなく)、涙が浮かんですらこないのはハテどうしたことか。物理的に遠過ぎるせいなのかなあ。仲良くないヤツでも近くにいるひとが死ぬと「おー死んだのか」と実感はあるんだけど。

キヨシローはもちろん好きだけど、キヨシロー単品よりも(単品て)RCのキヨシローが好きなのかなあ。タイマーズも好きだしラフィータフィーやスクリーミングレビューも好きだし、バンドマンのキヨシローが好きなのかな。RCがRCになった(変な表現だ)影の立て役者は春日ハチとゴンタだろうと思う、個人的には。

つーことで、アオヤマロックンロールショーも無事に終ったので(泉ちゃんがどこからともなく現れて『バカヤロー!』と祭壇をひっくり返すパフォーマンスをするんではなかろうかと期待していたのだが)気づけば口ずさんでいるキヨシローの歌ベスト5。好きな歌ベスト5では必ずしもない。

第1位 Hand Clapping Rhumba 2000(Tin Pan)
第2位 海辺のワインディング・ロード(HEART ACE)
第3位 自由(FEEL SO BAD)
第4位 ぼくの目は猫の目(Memphis)
第5位 夢中にさせて(MARVY)

キヨシローを最後に観たのは観客のおねいちゃんから「打ち上げはドコのお店でやるの?」と聞かれて「え? あぁ、いやあ」と困った顔をしたステージでだった。

そういえば、やまだ紫も死んだらしいなア‥‥。
キヨシローのばか
キヨシローのばか。
おれも冥福は祈らない。
いろんなことを考えない人が増えているんじゃないかな。で、そのうち気がつかないうちに憲法が改正されて、子どもたちがみんな戦場に行ったりしちゃうよね。そうなってから「しまった」では遅いんですけど、でもそうなっちゃうと思う。だってピープルにさ、パワーがないもん。
(05年5月15日付『毎日新聞』忌野清志郎インタビューから)
司法と社会は尚も敗北する
分からないのが“責任能力があるから死刑”の理屈である。「責任能力の有無が争点」といった裁判も多い。私などは責任能力があるならばむしろ生きて償わせた方がよいではないかと考えるが、主流日本人の感性では「死刑」ということらしい。

荒川沖連続殺傷事件の被告は、「『早期の死刑執行』を繰り返し望み」、「当時の心境を『この世界から消えたかった。つまらない人生をさっさと終らせたかった』と説明」。そして「無差別殺傷に及んだのは『とりあえず複数殺せば死刑になる』ことが理由という」(29日『毎日』朝刊)。

記事を書いた毎日記者は被告と接見したなかで「遺族や被害者を思いやる言葉は一度も出ていない」などと書いているが、早く死刑にしてくれと主張する被告に反省を期待する方がどうかしているだろう。この国では責任能力の有無もさることながら、反省の有無を執拗に求めるのが大好き。反省したところで死刑にされるならば反省するだけ損というものである。

被告のふてぶてしい態度はなるほどケシカランとは云える。しかし死刑志願の殺人者には法も社会も敗北する以外にない。おれは死刑希望でお前らを皆殺しにするゼという社会の落とし子は完全無欠である。訳知り顔の評論家が「心の闇」「人格障害」と解説したところで死刑志願者は減る気配がない。死刑制度が何の歯止めにもなっていないのではないか。

さてどうする。被告は責任能力があるから死刑とするか。してその効果は誰にどのようにもたらされるのだろうか。被害者遺族そして犯罪的無知の善良なる市民の溜飲をほんのちょっと下げるだけではないのか。死刑執行によって被害者遺族に明るい未来が拓けたのか。死刑執行に喜びの声湧く遺族、という報道にはついぞお目にかかったことはない。マスゴミはなぜ取材せぬ。

29日『毎日』朝刊社会面には《妹殺害の兄 懲役12年》の記事もあった。今や殺害人数を問わず殺人犯は死刑に、の時代である。ところが有罪判決を出した東京高裁は殺害と死体損壊さらに完全責任能力まで認めながら懲役12年である。この国は家族の殺害には極めて寛容だ。介護殺人が顕著な例。

死刑制度を存置するならそれもよかろう。しかし誰を殺せば死刑で誰を殺せば死刑ではないのか。遺族が涙すれば死刑で涙してくれる家族がいなければ有期刑か。ここを感情によって線引きする欺瞞はしてもらいたくないものだね。
談合裁判
裁判員に選ばれたからといって新聞もテレビもネットも遠慮することはないのが日本の裁判員制度。

であれば驚くこともないのだろうが、裁判員に選ばれた者が「午後から始まる公判を前に喫茶店で話し」をするなどは、いくら暑がりの私でも寒気がする。剛と秋子がダベっていたのは「公判前整理手続きとは何ぞや」ではあるが、これが──

「ねえねえ。被告人てさぁ、いかにも悪人! て顔してるわよね」
「うん、そうだね」
「取り調べでは自白したんでしょ。それが裁判になってから無罪を主張するって変じゃない?」
「そうだよな。ホントに無罪だったら自白なんかしないよな」
「私、被告人が犯人で間違いないと思うの。剛さんはどう思う?」
「うん、おれも被告人が真犯人だと思う。状況証拠もあるみたいだし、新聞やテレビでもあれだけ大騒ぎになってたしね」
「そうよね。‥‥どうする?」
「おれは迷わず死刑を選ぶよ。被告人はちっとも反省してないしな」
「やっぱり死刑しかないわよね。でなきゃ、遺族が可哀想だし」

──てなやり取りだって出来るだろう。いやはや公判を目前に裁判員だけで裁判所外で合議できるとは、日本の裁判員制度ってどこまでも果てしなく大らかだなあ。諸外国は知らないが。

裁判員制度によってカップル誕生があるかもだね。共に死刑を宣告した同士、みたいな連帯感も生まれるし。「おれたち、気が合うね」なんつってな。

私が裁判員に選ばれたならば──美人でかわゆくてクールでキュートでセクシーで頭がよくて気が優しくて力持ちで背が高くて黒髪でパイオツとツーケと太ももが充実していて足首がキュッとしていて夜の超絶技巧がすごくて親が死にかかっているなんとかコンツェルンのひとり娘、が同じ裁判員だったら嬉しいなあ。そんなおねいちゃんとホテルでヨロシクしながら談合したいもんである。

それが遺族のエージェントで、「死刑制度をぶっ潰せ」と密かに主張する私を陥れるハニートラップだったとしても、私は仕掛けに喜んでハマるだろう。つーかナニをアレにハメるだろう。ありがとう浜村淳です。
怪しいから死刑
お前が一番怪しい。だからお前が犯人だ。ハイ死刑ね。

いやはや恐ろしい判決が出たものだ。

約2年前には横浜地裁で「『ささいないさかいがきっかけで衝動的に殺意を抱いたような事態』などが想定できる」と有罪にされた判決もあった(参照)。想定である。“事態などが想定できる”から有罪なんである。

状況証拠だけで有罪にされた判決はいくつもあるが、明確な証拠はなくとも裁判所は死刑判決に躊躇しない方針を明確にしたのが今回の和歌山毒物カレー事件であろう。

死刑相当に全員一致した裁判官(那須弘平、田原睦夫、藤田宙靖、堀籠幸男、近藤崇晴)の本音は「遺族、被害者に恨まれるより林真須美に憎まれた方がいい」ということだろう。あれだけ騒がれた事件なのだから今さら“合理的な疑いが残るから無罪”とは云えぬ。

判決では裁判所お得意の「全面的に否認して反省の態度をまったく示しておらず」も出た。反省していないのはケシカランという話し。加えて「遺族や被害者らに対して、慰謝の措置も一切講じていない」と宣う。

被告人は無罪を主張しているのだからおかしな話し。「分かった、反省する。遺族と被害者に慰謝料も払う。でも私は無実です」などと云う被告人がいるものか。昨日は反省ザルの次郎が4代目を襲名したというが、日本人は反省を求めるのが好きだよなあ、それも執拗に。でも反省したところで死刑にされちゃうんだから。

裁判員制度に目を向ければ、マスゴミによる連日の推定有罪報道に、犯罪的無知の善良なる市民が「無罪推定」「疑わしきは被告人の利益に」の原則を貫けるかどうか。残念なことに日本人はそこまで自律できぬ。8番陪審員がいようものなら非国民の譏(そし)りを免れまいて。ああ恐ろしい。

怪しいから死刑日放協がニュースで「最高裁判所は、裁判員の辞退を認めるかどうか判断する際の参考にするため、どんな仕事の人がどんな時期に忙しいか全国で調査した結果をまとめ」たと伝えた(写真をクリック)。こうなると裁判員になれるのはヒマな公務員くらいなものだろうね。これは余談。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。